“ニュース/ビジネスモデル”で人気のある記事トップ30

1

“小さな高級車”幻想に挑むデミオとCX-3

マツダがデミオとCX-3の商品改良を行った。改良ポイントは大きく3つあるが、そもそもCX-3は単純にデミオのコンポーネンツを使っているというだけでなく、ボディも共用している。SUVでありながら室内高はデミオと変わらない。なぜそうしたクルマが作られたのだろうか?(2016/12/05)


2

コンビニは高齢化社会に対応できるのか

人口の高齢化は社会問題になっている。コンビニ業界でも高齢化への対策は課題であったが現状はあまり進んでいない。今回は、コンビニが高齢化社会にどう対応していくべきかを考えてみたい。(2016/12/05)


3

新生湖池屋の“競合を見ない”戦略とは?

ポテトチップスの老舗メーカーである湖池屋が、経営体制やCIロゴマークなどを刷新して再スタートを切った。従来とは異なるポジショニングを作っていくというが、一体どういうことだろうか――。(2016/12/05)


4

謎多きプロ野球選手の年俸、あくまで推定

日本ハムの日本一で幕を閉じた平成28年のプロ野球。戦いを終えた選手たちは、契約更改という「銭闘」に入っているが、プロ野球選手の「年俸」は謎に包まれた部分が多く、実態はつかみにくい。(2016/12/05)


5

ビール値下げも……酒税一本化、業界は複雑

麦芽比率などで異なるビール類の酒税の一本化を、政府・与党が検討している。ビールは22円の減税が見込まれるが、増税となる発泡酒や第3のビールを愛飲するファンも少なくない。メーカーには強みと弱みがあり、酒税の一本化は悲喜こもごもだ。(2016/12/05)


6

「マツダ ロードスターRF」はロードスターなのか?

ロードスターRFの試乗を終えて戻ると、マツダの広報スタッフが「良いクルマでしょ?」と自信あり気に話しかけてきた。そんな新たなモデルを12月末に発売する。ロードスターとしてRFは異端と言えるだろう。(2016/11/21)


7

仕事がデキない人の「飲み会作法」、ダメな点は?

飲み会で失敗し、職場での印象を下げないふるまい方は?――大鵬薬品工業調べ。(2016/12/02)


8

正式名称は「Nintendo Switch」 任天堂、据え置きとしても携帯型としても遊べる新型ゲーム機発表

任天堂が来年3月に発売する次世代ゲーム機「Nintendo Switch」を公開した。(2016/10/20)


9

なぜ鉄道で「不公平政策」が続いたのか?

赤字の鉄道路線の存続問題を議論するとき「鉄道は他の交通モードに対して不公平な立場にある」という意見がしばしば見受けられる。JR北海道問題もそうだし、かつて国鉄の赤字が問題になったときも「鉄道の不公平」が取りざたされた。なぜ鉄道は不公平か。どうしてそうなったか。(2016/12/02)


10

なぜ人々は、ビッグデータを「不安」と感じるのか

ビッグデータを活用したビジネスに不安を覚える人が多いという。その理由は?――博報堂と日立製作所調べ。(2016/12/02)


11

大ヒット「ファンタビ」Pの仕事術に迫る

11月23日に公開し、興行収入100億円超も視野に入るヒット映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。社会現象となった「ハリー・ポッター」の新シリーズだ。大ヒット映画において、プロデューサーはどのような仕事をしているのか? 本作のプロデュースを担当するデイビッド・ヘイマン氏に聞いた。(2016/12/03)


12

「常識が通じない」マツダの世界戦略

「笑顔になれるクルマを作ること」。これがマツダという会社が目指す姿だと従業員は口を揃えて言う。彼らは至って真剣だ。これは一体どういうことなのか……。(2015/07/13)


13

理論で分かる きゃりーがブレイクした理由

派手なファッションに身を包み、喜怒哀楽はあまり見せない。アイドルであるにもかかわらず、ときに変顔をする。そんな「きゃりーぱみゅぱみゅ」が、なぜ人気があるのだろう? と疑問を感じている人も多いのでは。彼女がブレイクした理由を、キャズム理論で分析したところ……。(2016/12/02)


14

ミニストップ、「いきなり!ステーキ」とコラボ商品発売

ミニストップは、ステーキ店「いきなり!ステーキ」監修の新商品を13日から販売する。(2016/12/02)


15

もう振込用紙を持って来ないで! コンビニが「収納代行」を止めたい理由

「電気・水道・ガス・電話などの利用料金はコンビニで振り込んでいる」という人も多いだろう。しかしこの「収納代行」……とにかく面倒で、コンビニオーナーだけでなく本部も「止めたい」と思っているのではないだろうか。(2014/01/16)


16

人工知能に「仕事を奪われない」働き方はある?

リクルートワークス研究所が、日本の労働市場シミュレーションの結果を発表。ビジネスパーソンがキャリアを構築するための取り組み方を提案した。(2016/12/02)


17

マツダ・アクセラはマイナーチェンジじゃない

クルマは4年ごとにフルモデルチェンジ、その間の2年経過時にマイナーチェンジを行うのがお約束だったが、時代は変わりつつある。そんな中でマツダは「新車効果」を狙ってマイナーチェンジすることを止めるという。(2016/09/05)


18

2016年に起きた「不祥事」、トップ3は?

2016年に起きた不祥事のなかで、最も「イメージダウン」につながったものは?――宣伝会議調べ。(2016/12/02)


19

養殖を変える日本発衛星&遺伝子ベンチャー

21世紀は「養殖の時代」と言われる。既に天然漁獲高と匹敵しており、将来的には養殖が市場全体の3分の2を占めるという。そうした中、愛媛で世界の養殖産業を変え得る実証事業が行われているのだ。ユニークなのは、衛星技術とバイオ技術を駆使している点である。(2016/12/03)


20

「同じ便か違う便か」サッカーチームの悲劇

ブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」の選手らを乗せたチャーター機が墜落した。この大惨事を受けて「チームのメンバー全員が同じ便に乗るべきではない」といった声も出ているが、現実は……。(2016/12/02)


21

ドコモ、「バーチャルアイドル」に参入

ドコモがバーチャルアイドルビジネスに参入。新キャラクターを日中で展開する。(2016/12/02)


22

「君の名は。」海外で好評 米で受賞、中国で新記録

人気アニメ映画「君の名は。」が、ロサンゼルス映画批評家協会賞を受賞。アジア諸国でも高い興行収入を記録した。(2016/12/05)


23

「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由

少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)


24

なぜコンビニは販売不振の「白飯」を売り続けるのか

コンビニに行って、「あれ、もう新商品がないの?」といった経験をしたことがある人も多いのでは。その一方で「白飯」はあまり売れていないのに、棚に並んでいる。その理由は……。(2014/03/04)


25

JR北海道は縮小よし、ただし線路をはがすな

JR北海道が自社で単独維持が困難な路線を発表した。総距離で1237キロメートル。単独維持可能な線区は1151キロメートル。それも沿線自治体の協力が前提だ。しかし本来、幹線鉄道の維持は国策でなされるべきだ。自治体に押し付けるべきではない。(2016/11/25)


26

「NAVERまとめ」、元記事に還元する仕組み導入へ

LINEがキュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」の運営方針を変更すると発表。まとめられた1次情報発信者にインセンティブが還元される仕組みを2017年中に導入する。(2016/12/05)


27

対歩行者自動ブレーキ、マツダ「アクセラ」が最高点

市販車の予防安全性能などの評価結果が公表された。対歩行者の自動ブレーキの評価を初めて実施。マツダ「アクセラ」が最高点だった。(2016/12/02)


28

日産「セレナ」のユニバーサルデザインタクシー運行開始

ユニバーサルデザインタクシー仕様の日産「セレナ」が東京都内で運行を始めた。(2016/12/02)


29

DeNA、「MERY」も非公開に 「組織的」指摘に第三者委設置へ

DeNAが「MERY」の全記事を非公開に。第三者委を設置して原因を究明するという。(2016/12/05)


30

任天堂、“ファミコン復刻版”を国内でも発売 「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」など30タイトル用意

任天堂は「ファミリ―コンピュータ」(ファミコン)の復刻版「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発売する。(2016/09/30)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。