“ニュース/ビジネスモデル”で人気のある記事トップ30

1

“ハンカチ王子”斎藤佑樹の人気はなぜ凋落したのか

かつて“ハンカチ王子”として脚光を浴びた日本ハム・斎藤佑樹投手の人気が凋落している。成績がパッとしないから仕方がない部分もあるが、なぜKYな言動を繰り返すのか。その裏にあるのは……。(2014/12/11)


2

野球評論家の張本勲氏は、なぜ失言を繰り返すのか

人気情報番組『サンデーモーニング』に出演している野球評論家・張本勲氏のコメントが、ネット上でしばしば“炎上”する。現役時代の張本氏は偉大な選手だったのに、なぜ失言を繰り返すのか。スポーツライターの臼北氏が分析したところ……。(2016/05/12)


3

「イチローは絶対に手放したくない」 絶賛の声が続々

マーリンズのイチロー選手が歴史的偉業を達成した。史上30人目となるメジャー通算3000本安打を達成したわけだが、周囲の人間はイチローのことをどのように見ているのか。チーム関係者からは「絶対に手放したくない」という声も。(2016/08/09)


4

早くも“銭闘”モード? 日本ハム、優勝しても素直に喜べない2人の「年俸問題」

北海道日本ハムファイターズが、パ・リーグ優勝を成し遂げた。昨晩は選手もファンも勝利の美酒に酔いしれていたと思うが、球団側にはこの優勝を素直に喜べない懸念材料があるのだ。それは……。(2016/09/29)


5

ホンダ、新型「シビック TYPE R」世界初公開

ホンダの新型「シビック TYPE R」プロトタイプが初公開された。(2016/09/29)


6

「ニンジャ」開発 米国人から“サムライ”と呼ばれた男の秘話

世界最速の称号“NINJA=ニンジャ”の愛称で米国のバイク市場を席巻した伝説のバイク「GPZ900R」を開発したのは、元川崎重工常務の百合草三佐雄さん。米国人から“サムライ”と呼ばれた男が挑んだ米開拓秘話を紹介したい。(2016/09/29)


7

トヨタ、新コンパクトSUV「C-HR」日本仕様を初公開

トヨタがコンパクトSUV「C-HR」日本仕様の概要を初公開。(2016/09/28)


8

コンセプトは「世界初」 イケメン大暴れ『HiGH&LOW』が10代女子の心をツカむ理由

LDHグループ総出演の総合エンターテイメントプロジェクト『HiGH&LOW』。コンテンツとメディアミックスの成功例として学ぶべき点が多い本作は、何を目指して生まれたのか? 日本テレビ植野浩之プロデューサーに聞いた。(2016/09/29)


9

首都圏で住んでみたい街は? 2年連続1位は……

首都圏で住んでみたい街は?――新築マンション検索サイト「MAJOR7」調べ。(2016/09/29)


10

続発するハッキング事件が暗示する本当の「脅威」とは

世界的にハッキング事件が頻発している。ハッキングが横行する中、欧米のサイバーセキュリティ専門家らの間である懸念が取りざたされている。その懸念とは……。(2016/09/29)


11

日本社会を支える制御技術が集約 日立の大みかはIoT戦略の重要拠点になるか?

今年4月1日、日立製作所は大規模な組織改編を行った。次世代に向けた新たな戦略を遂行するためである。その中心となるビジネス拠点の1つが、茨城県日立市にある大みか事業所だ。現地を取材した。(2016/09/27)


12

女子マラソンで惨敗した福士加代子の発言は、本当に「KY」なのか

リオ五輪が盛り上がっている。特に女子マラソンの視聴率は22.6%(関東地区)を記録するなど、多くの人が注目した。にもかかわらず、日本の3選手は惨敗。中でも、14位に終わった福士加代子の発言が、物議を醸している。(2016/08/16)


13

遅すぎた? 「Spotify」ついに日本上陸 そのインパクトは

ついに日本上陸した音楽ストリーミングサービス「Spotify(スポティファイ)」。9月29日からエントリー制でサービスを開始し、11月から本格的にローンチする。世界大手が日本市場に与えるインパクトは?(2016/09/29)


14

過去最高! 新江ノ島水族館がV字回復したワケ

新江ノ島水族館(えのすい)の来場者数が好調だ。2004年にリニューアルしてから、来場者数は減少傾向だったのに、2014年にV字回復。翌年には、過去最高を記録した。ここ数年、えのすいで何が起きているのか。広報室長に話を聞いた。(2016/09/28)


15

「テキサスバーガー」復活! マクドナルドが人気4商品を限定販売 高橋みなみさんも感嘆の声

日本マクドナルドは日本進出45周年キャンペーンとして過去に人気のあった商品を10月から順次復刻販売する。第1弾は「テキサスバーガー」、第2弾は「ベーコンポテトパイ」。マクドナルド好きで知られる元AKB48の高橋みなみさんも思い出を語った。(2016/09/28)


16

マイク片手に「出発進行!」 異色の「鉄道カラオケ」が業界大手から生まれたワケ

「快特品川行きです 次は京急蒲田に止まります」――そんなフレーズから始まる“カラオケ”がある。配信しているのは通信カラオケ大手のエクシングが展開する「JOYSOUND」。異色の「鉄道カラオケ」はなぜ生まれたのか? 企画の生みの親に聞いた。(2016/09/28)


17

「桃」「燕」「象」のマッチ最大手が撤退 製造機が老朽化

「桃」「燕」「象」などの箱で知られる家庭用マッチのメーカーが撤退。(2016/09/28)


18

アプリ「全国タクシー」、過疎地では共助のツール

スマホのアプリでタクシーを呼べるシステムが全国に広がってきた。全都道府県をカバーするアプリ「全国タクシー」の累計配車台数は400万台以上。タクシーの少ない過疎地では住民ドライバーと利用者を結ぶなど、新たな活用法も始まっている。(2016/09/29)


19

ココイチが急速に“マンガ喫茶化”しているワケ

カレー専門店の圧倒的シェアを誇り、独走を続けるCoCo壱番屋(ココイチ)。近年、そんなココイチが急速に“マンガ喫茶化”しているのをご存じだろうか……。(2016/09/14)


20

「ジョジョ」4部が実写映画に 東宝とワーナー初の共同製作

「ジョジョの奇妙な冒険」実写映画化が発表された。(2016/09/28)


21

「古い」「ださい」脱却できるか「かっぱ寿司」 創作メニューに注力「これからは話のネタも作っていく」

カッパ・クリエイトは回転すしチェーン「かっぱ寿司」のリブランディング戦略について発表。「おいしいネタ、はなしのネタ」を新コンセプトに創作メニューに力を入れる。(2016/09/29)


22

米マクドが復活の兆し! 外食産業が注目する「朝食」事情

米国で「朝食戦争」が勃発している。ファストフードチェーンやレストランなどが、次々と新しい朝食メニューを投入し、顧客の争奪戦を繰り広げている。このトレンドの波にうまく乗っているのが、マクドナルドだ。(2016/07/29)


23

くら寿司 お米で作った炭酸飲料「シャリコーラ」を発売 その味は……

くらコーポレーションは回転寿司チェーン「無添くら寿司」で、お米の素材を使った炭酸飲料「シャリコーラ」を発売する。(2016/07/26)


24

サッカー・本田選手も出資、ライフイズテックが取り組む教育改革とは?

のべ2万人以上の中高生が参加するプログラミング教育がある。運営するのは気鋭のベンチャー、ライフイズテックだ。同社が取り組む教育改革とは何だろうか?(2016/09/29)


25

日本ハムが“ハンカチ王子”を「クビ」にしない理由

“ハンカチ王子”として一躍有名になった日本ハムの斎藤佑樹投手も今季でプロ6年目。もういい加減、一軍で活躍しないと「解雇」の二文字もチラついてきそうだが、球団はどのように考えているのだろうか。(2016/04/27)


26

スタバが「お茶」に本格参入 新ブランド「ティバーナ」展開 コーヒー、フラペチーノに次ぐ第3の柱に

スターバックスが新ブランド「TEAVANA(ティバーナ)」を展開。ティー市場に本格参入する。(2016/09/28)


27

トヨタの“オカルト”チューニング

ビッグマイナーチェンジした86の試乗会でトヨタの広報がこう言うのだ。「アルミテープをボディに貼るだけで空力が改善します」。絶句した。どう聞いてもオカルトである。実際に試したところ……。(2016/09/20)


28

シェイクシャックは日本で「第二のスタバ」になれるのか?

昨年11月に日本初上陸したニューヨークの人気ハンバーガーショップ「シェイクシャック」が国内出店を加速させている。本国でもいまだ行列ができるシェイクシャックの強さとは一体何だろうか?(2016/08/31)


29

何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた

元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/02/18)


30

ブルーボトルコーヒーは店の裏で何をしているのか

米国発の喫茶店「ブルーボトルコーヒー」が日本に上陸して、1年が経過した。カフェといえばテクノロジーの世界とはあまり縁がないように感じるが、実は……。(2016/03/02)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。