“ニュース/ビジネスモデル”で人気のある記事トップ30

1

なぜ時刻表に“謎ダイヤ”が存在するのか

鉄道の時刻表を調べる際、スマホで検索している人が多いだろうが、実は紙の時刻表をじっくり見ると、興味深い情報がたくさんある。例えば、実際に走っていない特急が走っていることも。どういうことか。『JTB時刻表』の大内編集長に、謎ダイヤの真相を聞いた。 (2017/01/25)


2

なぜ地図で「浅草寺」を真ん中にしてはいけないのか

地図を作成している編集者に、2枚の地図を見せてもらった。1枚は浅草寺が真ん中に位置していて、もう1枚は浅草寺が北のほうにある。さて、実際に地図に掲載されているのは、どちらなのか。答えを聞いたところ、予想外の結果に!? (2016/10/12)


3

羽田空港を便利にする「たった200メートル」の延長線計画

国土交通大臣の諮問機関「交通政策審議会」が、2030年を見据えた東京圏の鉄道計画をまとめた。過去の「運輸政策審議会答申18号」をほぼ踏襲しているとはいえ、新しい計画も盛り込まれた。その中に、思わずニヤリとする項目を見つけた。 (2016/04/15)


4

鉄道ファンの支持を集める「京浜急行」の秘密

京浜急行が、沿線住民のみならず、鉄道ファンの支持も集めている。その理由は、同社の独自性にあるようで……。 (2017/04/24)


5

ランドセルがじわじわと値上がりしている理由

平均単価は約5万円、中には15万円を超えるランドセルも。数年前から小学生向けランドセルの高価格化が進んでいます。そしてまた、値段が高くても売れているのです。その背景にはどのような消費トレンドがあるのでしょうか。 (2016/06/08)


6

集英社、講談社、小学館のデジタルマンガ戦略とは?

出版不況が続く中で、重要性が高まり成長している電子書籍市場。特に伸びが著しいのはマンガだ。集英社、講談社、小学館といった大手出版社は、デジタルマンガを売るためにどのような戦略を立てているのだろうか? (2017/04/24)


7

ギンザ シックスが「規格外」である理由

東京・銀座6丁目にオープンしたばかりの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。さっそく大行列ができるなど、早くも人気の商業施設になりそうです。実はギンザ シックスにはほかの商業施設にはない特徴がいくつかあるのです。 (2017/04/22)


8

高齢者事故を防止する人間工学

自動車の設計において人間工学は重視されているはずだ。しかし、もう何十年も言われ続けているにもかかわらず、改善できていない問題がある。それはペダルオフセットだ。 (2017/04/24)


9

レクサス、キャラ立ちでドイツ“御三家”に宣戦布告

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が、ドイツの“御三家”にいよいよ宣戦布告だ。LCを皮切りに他のレクサス車種の個性化も図って真の「日の丸プレミアム」を目指すが、ブランド改革は道半ばでドイツ御三家の背中はなおも遠いままだ。 (2017/04/24)


10

国鉄を知らない人へ贈る「分割民営化」の話

4月1日にJRグループは発足して30周年を迎えた。すなわち、国鉄分割民営化から30年だ。この節目に分割民営化の功罪を問う論調も多い。しかし、どの議論も国鉄の存在を承前として始まっている。今回はあえて若い人向けに国鉄と分割民営化をまとめてみた。 (2017/04/07)


11

神戸アニメストリート、不払い問題を謝罪

「オタク文化の発信地」として知名度も高かったが、多数の関連会社への不払いが発生していたことが明らかになっていた神戸アニメストリート。運営会社の社長が謝罪した。 (2017/04/24)


12

「けものフレンズ」人気はなぜ衰えないのか

アニメ「けものフレンズ」の人気が、3月下旬に最終回を迎えたのに衰えていない。 (2017/04/24)


13

ぺんてるのサインペン “書きやすさ”の理由

昔から変わらず使われ続けているサインペン。世界で初めて開発したのが、文具メーカーの「ぺんてる」だ。シンプルでありながら、ロングセラー商品に育てることができた理由はなんだろうか。 (2017/04/24)


14

トヨタが開発戦略を180度転換 EV開発に本腰

トヨタはこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。 (2017/04/22)


15

電車が遅れたらカネを返せ、はアリか?

ちょっと前の話になるけれど、参議院議員が「電車の遅延度に応じて料金を割り引く制度を提案する」とツイートして失笑された。遅延へのいらだちはごもっとも。しかし、失笑された理由は「目先のカネで解決しよう」という浅ましさだ。 (2017/02/03)


16

楽天、月2380円で国内かけ放題サービス 大手より割安に

楽天は格安スマホ「楽天モバイル」で、月額2380円(税別)で国内通話がかけ放題になる新サービスを始めた。 (2017/04/24)


17

星野リゾートが新今宮にホテル開業する理由

星野リゾートが2022年に開業を予定する新今宮駅前の都市観光ホテルについて、星野代表がこの場所を選んだ理由について説明した。 (2017/04/24)


18

カラオケボックスを仕事場に ビッグエコーが新プラン

カラオケチェーン「ビッグエコー」で、カラオケの個室をワークスペースとして利用できる新サービス「ビジネスプラン」が開始。 (2017/04/21)


19

なぜ電子出版は軽視されるのか

不調が続く出版業界の中で、唯一成長している電子出版市場。出版社が電子に注力する価値はありそうに見えるが、実際は業界内の電子への期待はまだまだ薄い。「売れない紙を大事にして、売れ始めている電子を軽視する」のはどうしてなのだろうか。 (2017/01/18)


20

ポテチ“狂想曲”、沸騰するオークションサイト

北海道産じゃがいもの不作のあおりを受け、一部のポテトチップスが販売休止・終了に追い込まれた「ポテチ・ショック」。需要を当て込んで個人向けオークションサイトにはポテチが大量出品され、中には1箱5万円という法外な値付けも。 (2017/04/24)


21

業績好調! 日高屋の「ちょい飲み」が成功した理由

ラーメンチェーン「熱烈中華食堂 日高屋」の業績が好調だ。特に近年は「ちょい飲み」ユーザーに支持されており、高収益の体質につながっている。 (2017/04/25)


22

琵琶湖からアユが消えた “異変”の正体は?

琵琶湖のアユがかつてない不漁に陥っている。昨秋にはアユの産卵量が平年値の倍以上観測され豊漁が期待されたが、漁獲量は28年の10分の1程度。果たして、琵琶湖のアユはどこへ消えたのか。 (2017/04/25)


23

仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ

23日に実施されたフランス大統領選の第1回投票で中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が5月7日の決選投票に進む見通しとなった。 (2017/04/24)


24

国内スマホゲーム市場成熟 海外進出の動きも

国内スマホゲーム市場は成熟し、安定的な成長へ。小規模事業者の淘汰や海外進出などが見られるように――矢野経済研究所調べ。 (2017/04/24)


25

「年収400万円以上の20代」限定の転職サイト登場

エン・ジャパンが、高収入の若手ビジネスパーソン向け転職サイト「AMBI(アンビ)」を開設。年収500万円以上の求人案件のみ取り扱う。 (2017/04/24)


26

マンガアプリ利用者数、首位は「LINEマンガ」

ニールセンデジタルがマンガアプリの利用状況を発表。2017年2月時点の月間利用者数1位は「LINEマンガ」の279万人だった。月間利用回数と1回あたりの利用時間もトップに。 (2017/03/28)


27

提訴がダメなら「くら寿司」はどうすればよかったか

ネット掲示板に「何が無添なのか書かれていない」などと書き込みをした人物の個人情報開示をめぐる訴訟に敗れた「くらコーポレション」に対して、厳しい言葉が投げかけられている。では、どうすればよかったのか。 (2017/04/25)


28

鉄道路線廃止問題、前向きなバス選択もアリ

赤字ローカル線の廃止論議で聞く言葉に「バスでは地域が衰退する」「バスは不便」「鉄道の幹線に直通できない」などがある。鉄道好きとしては大いに頷きたいところだ。しかし、ふと思った。バスの運行に携わっている人々は、これらの声に心を痛めていないだろうか。 (2017/04/21)


29

居酒屋「塚田農場」の“弁当”が絶好調の理由

居酒屋「塚田農場」(エー・ピーカンパニー)の弁当が売れている――。居酒屋チェーンが弁当事業を手掛けて成功した例を過去に聞かないが、なぜ同社は成功しているのだろうか。 (2017/04/11)


30

バスタ新宿のファミマ、フロア3倍に 前倒しで本営業へ

ファミリーマートは、バスターミナル「バスタ新宿」内の直営店舗を移転・増床し、4月28日に本営業を始める。 (2017/04/21)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。