“メカ設計”で人気のある記事トップ30

1

【事件ファイル】図面通りに加工したのになぜNGなのだ!?

まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年8月のサブテーマは『汎用工作機械での3Dデータ活用を考える』です。 (2018/08/15)


2

オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみた

ユーザー登録不要の無償CAD「FreeCAD」はモデリング以外の機能も盛りだくさん。一度覚えたら、今後のモノづくりの世界がぐっと広がること請け合いだ。今回はモデリング機能の一部を紹介する。 (2015/08/26)


3

VRの歴史は意外と長く、学生たちは失禁やもちもち感を再現する

デルは2018年7月24日、都内で「VR研究会 第1回会合」を実施した。「VR研究会」は同社が2018年3月に設立した産業向けVRの普及を推進するための組織である。今回の特別講演には奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 サイバネティクス・リアリティ工学研究室 教授 清川清氏が登壇。 (2018/08/16)


4

日本の積層造形の取り組みは周回遅れ、今から世界に追い付くには?(後編)

金属3Dプリンタの最新動向や課題を語る「Additive Manufacturingのためのシミュレーション活用セミナー」(サイバネットシステム、アンシス・ジャパン主催)が2018年7月4日に東京会場、5日に名古屋会場で開催された。 (2018/08/10)


5

3Dプリンタ「ダヴィンチnano w」は無線LAN経由で印刷が可能に

XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンタ「ダヴィンチnano」シリーズの無線LANモデル「ダヴィンチnano w」を発売した。ダヴィンチnanoシリーズの機能はそのままに、無線LAN経由でデータを送信できる。 (2018/08/14)


6

夏休みがあってもなくても、まとめて読みたい記事

今年もお盆がやってきました。 (2018/08/14)


7

ジェネレーティブデザインって何? Fusion360のエバンジェリストに聞いた

「Fusion360」のジェネレーティブデザインとトポロジー最適化の違いがよく分からないので、オートデスクに行って、Fusion360のエバンジェリストの藤村祐爾さんに会って話を聞いてきた。 (2018/08/17)


8

紙図面だけで加工ができてしまう汎用工作機械

まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年8月のサブテーマは『汎用工作機械での3Dデータ活用を考える』です。 (2018/08/08)


9

いまさら聞けない「デジタルツイン」

IoT活用やデジタル変革の流れの中で耳にすることが多くなった「デジタルツイン」。このデジタルツインとは何かを5分で分かるように簡単に分かりやすく解説します。 (2018/08/08)


10

無償3D CAD「123Dシリーズ」がサービス終了へ、「Tinkercad」などに機能統合

Autodesk(オートデスク)は無償3D CADツール「123Dシリーズ」の新規サービス提供を2017年3月31日で終了する。123Dシリーズの機能は、同社のコンシューマー向け3D CADツール「Tinkercad」「Fusion 360」「ReMake」に移植、統合される予定だ。 (2017/01/06)


11

加工現場はまだまだアナログ、新しいものって受け入れづらい【ママさんまとめ】

人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2018年6月〜7月に公開された『【週刊】ママさん設計者「3D&IT活用の現実と理想」』より、「人智>コンピュータ? いまだアナログ世界の加工現場の現実」をお届けします。 (2018/08/13)


12

幾何公差の基準「データム」を理解しよう

データムの配置位置の仕方には、さまざまなルールがあるので要注意。あなたの作成した過去図面は大丈夫? (2009/05/14)


13

業界最軽量のスチール缶を東洋製罐と新日鐵住金が開発、ダイドードリンコが採用

東洋製罐と新日鐵住金は「業界最軽量」(両社)というスチール缶を共同開発したと発表した。2018年5月からダイドードリンコのコーヒー製品に採用されて市場に流通している。 (2018/08/13)


14

おもちゃで解説。回転&スライドを自在に操る方法

リンクをうまく使えば、回転&スライドが自由自在。おもちゃの機構を見ながら、動きの変換を見ていこう。 (2012/02/20)


15

いよいよiPhoneケースの3次元モデル、完成!

iPhoneケースの3次元モデリング編のフィナーレ。カメラやフラッシュの逃げを入れたり、デザインを加えたりしていく。 (2013/08/21)


16

ザ・切削加工屋泣かせの形状コレクション

「ピンカド」「薄過ぎる」「硬過ぎる」――そんな形状を設計して、加工屋さんを泣かせると……、コストで泣く羽目になる。 (2012/01/10)


17

無償3D CAD「FreeCAD」でSTLデータのソリッド化に挑戦!

パラメトリックモデリングだけではなくFEMまで備える、無償3D CADの「FreeCAD」はSTLをソリッド化することも可能だ。 (2016/02/12)


18

「勾配」と「テーパ」の違い、ちゃんと分かってる?

設計する製品には角度を付けなければ、金型からうまく抜けない。そんな角度の表現にもいろいろあるけれど、その違い、分かっていますか? (2012/05/11)


19

日本の積層造形の取り組みは周回遅れ、今から世界に追い付くには?(前編)

金属3Dプリンタの最新動向や課題を語る「Additive Manufacturingのためのシミュレーション活用セミナー」(サイバネットシステム、アンシス・ジャパン主催)が2018年7月4日に東京会場、5日に名古屋会場で開催された。 (2018/08/07)


20

RSの無償3次元CAD「DesignSpark Mechanical」を使ってみた

電子部品の通信販売でおなじみのRSの無償3次元CADを試してみた。簡単にさくさくモデリングできるが、ちょっとコツがいる? (2013/09/20)


21

3σと不良品発生の確率を予測する「標準正規分布表」

機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。 (2018/05/25)


22

ピストンが傷だらけなのにも、理由がある

「新品やのにめっちゃ傷だらけっすよ!」「あほか!」――ピストンやシリンダにわざわざスジを入れる理由をきちんと理解している? (2008/01/30)


23

自動車のワイパーを上手に動かすリンク機構

自動車のワイパーが互いに干渉せずに動作するにはどうしたらいい? 今回は、回転運動をするクランク機構の応用例を解説。 (2011/10/25)


24

「見える化」に翻弄されるデジタル難民な現場のお話

まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年7〜8月前半のサブテーマは『「こんな加工現場はいやだ!」 適切な3D化とIT化を考える』です。 (2018/08/01)


25

スライドコアでアンダーカット形状を抜く

普通の型構造では抜けないアンダーカットを抜くためにはさまざまな処理がある。今回はそのうちの1つ「スライドコア」について解説する。 (2013/04/17)


26

無償3D CAD「FreeCAD」でFEM解析に挑戦!

無償のCADソフト「FreeCAD」にはFEM解析機能が標準で搭載されていて、モデリングした部品の応力や変形を簡単にシミュレートできる。今回は片持ち梁(かたもちばり)の解析でFEM機能を試してみる。 (2016/01/14)


27

「図面から立体をイメージしよう」の巻

ファブレスメーカーのママさん設計者が、図面にも触れたことのないような初心者向けに、図面の読み方・描き方を分かりやすく解説。各回で紹介するお題をクリアし、解説を読み進めていくことで、いつしか図面の読み描きができるようになる。 (2015/08/05)


28

良品を取り出すエジェクタ機構のテクニック

今回は製品を金型から取り外す「突き出し(エジェクタ)機構」について解説する。金型から良品を取り出すためには、製品仕様に合わせて最適な突き出し方法を選択することが必須だ。 (2012/12/14)


29

マジックハンドなど面白動作の多節リンクたち

最終回は、多節リンクの解説。マジックハンドや譜面台など、皆さんもおなじみの面白いリンク機構が登場する。 (2012/03/09)


30

回転する部品に指定する「振れ公差」

同軸度と振れ公差は、どちらも同じものと勘違いしていないだろうか? 今回は、その区別をはっきりとさせよう。 (2010/02/24)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。