“メカ設計”で人気のある記事トップ30

1

3σと不良品発生の確率を予測する「標準正規分布表」

機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。 (2018/05/25)


2

幾何公差の基準「データム」を理解しよう

データムの配置位置の仕方には、さまざまなルールがあるので要注意。あなたの作成した過去図面は大丈夫? (2009/05/14)


3

工作機械でトポロジー最適化したらこうなった――DMG森精機

DMG森精機は「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)において、金属積層造形技術の価値を訴求するために、トポロジー最適化を駆使して実現した工作機械を参考出典した。 (2018/11/07)


4

いまさら聞けない「デジタルツイン」

IoT活用やデジタル変革の流れの中で耳にすることが多くなった「デジタルツイン」。このデジタルツインとは何かを5分で分かるように簡単に分かりやすく解説します。 (2018/08/08)


5

TRAFAMが砂型3Dプリンタのプロジェクト完了、金属3Dプリンタは引き続き技術開発へ

技術研究組合次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM)は、Additive Manufacturing(付加製造)の国家プロジェクトを新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託研究として進めている。 (2018/11/13)


6

オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみた

ユーザー登録不要の無償CAD「FreeCAD」はモデリング以外の機能も盛りだくさん。一度覚えたら、今後のモノづくりの世界がぐっと広がること請け合いだ。今回はモデリング機能の一部を紹介する。 (2015/08/26)


7

CAD「Vectorworks 2019」、大容量ファイル扱い時のパフォーマンスを大幅向上

エーアンドエーは、設計・デザイン向けCAD、BIMツールの最新バージョン「Vectorworks 2019」を2019年1月16日より発売する。大幅な作業環境と図面のグラフィック表現の改善により、ユーザーの業務を効率化する。 (2018/11/12)


8

ザ・切削加工屋泣かせの形状コレクション

「ピンカド」「薄過ぎる」「硬過ぎる」――そんな形状を設計して、加工屋さんを泣かせると……、コストで泣く羽目になる。 (2012/01/10)


9

3D CADデータのリアルタイム描画ソフト「nStyler」に64ビット版、市販VRにも対応

グラップスは、3D CADデータをリアルタイムに描画するソフトウェア「nStyler」の64ビット対応版「nStyler 64bit」を発表した。大規模データを扱えるようになり、VR向けHMDやカスタマイズ開発にも対応する。 (2018/11/15)


10

エレメカ協調設計がかなえる、理想の製品開発

まるで週1の連続ドラマのような感覚の記事、毎週水曜日をお楽しみに! 今期のメインテーマは「設計者が加工現場の目線で考える、 3DとIT活用の現実と理想のカタチ」。2018年10〜11月のサブテーマは『メカの3D設計とエレキの2D設計の連携を追求してみる』です。 (2018/11/14)


11

おもちゃで解説。回転&スライドを自在に操る方法

リンクをうまく使えば、回転&スライドが自由自在。おもちゃの機構を見ながら、動きの変換を見ていこう。 (2012/02/20)


12

位置公差、輪郭度、振れ公差の測定はどうやるのか

今回は複合位置度公差について解説した後、位置公差、輪郭度、振れ公差の測定方法について説明する。 (2016/08/12)


13

無償3D CAD「FreeCAD」でSTLデータのソリッド化に挑戦!

パラメトリックモデリングだけではなくFEMまで備える、無償3D CADの「FreeCAD」はSTLをソリッド化することも可能だ。 (2016/02/12)


14

回転する部品に指定する「振れ公差」

同軸度と振れ公差は、どちらも同じものと勘違いしていないだろうか? 今回は、その区別をはっきりとさせよう。 (2010/02/24)


15

「勾配」と「テーパ」の違い、ちゃんと分かってる?

設計する製品には角度を付けなければ、金型からうまく抜けない。そんな角度の表現にもいろいろあるけれど、その違い、分かっていますか? (2012/05/11)


16

スライドコアでアンダーカット形状を抜く

普通の型構造では抜けないアンダーカットを抜くためにはさまざまな処理がある。今回はそのうちの1つ「スライドコア」について解説する。 (2013/04/17)


17

良品を取り出すエジェクタ機構のテクニック

今回は製品を金型から取り外す「突き出し(エジェクタ)機構」について解説する。金型から良品を取り出すためには、製品仕様に合わせて最適な突き出し方法を選択することが必須だ。 (2012/12/14)


18

VRニュースまとめ――2018年7〜8月

人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は2018年7〜8月に公開されたVR関係のニュースをぎゅっとまとめた「VRニュースまとめ――2018年7〜8月」をお届けします。 (2018/11/12)


19

いよいよiPhoneケースの3次元モデル、完成!

iPhoneケースの3次元モデリング編のフィナーレ。カメラやフラッシュの逃げを入れたり、デザインを加えたりしていく。 (2013/08/21)


20

トポロジー最適化ってどうなってるの? どうやるの?

今回は、「そもそもトポロジー最適化の背景にあるものは何か」ということと、基本的な流れについてお話します。 (2018/06/19)


21

あなたは、まだ「▽」や「〜」を使っている?

今回紹介する質問の内容は、「〜」や「▽」など、60年近く前に生まれた古いJIS表記がメイン。あなたの職場では、まだ使っている? (2009/11/30)


22

同軸かどうか寸法で表せないときは、神頼み!?

外径に対して内径の同軸ずれが発生するかもしれないことに気が付いたら? 寸法線ではどうしても表現できないし…… (2010/01/13)


23

AIシミュレータ基盤で物性値や輻射、外部磁場などの解析、計算時間を大幅短縮

富士通アドバンストテクノロジは、物理シミュレータを高速・高精度なAIシミュレータに変換するAI技術、基盤を発表した。広範な物理特性を扱えて汎用性があり、かつ既存手法と比較して計算時間を大幅に短縮できる。 (2018/11/16)


24

無償3D CAD「FreeCAD」でFEM解析に挑戦!

無償のCADソフト「FreeCAD」にはFEM解析機能が標準で搭載されていて、モデリングした部品の応力や変形を簡単にシミュレートできる。今回は片持ち梁(かたもちばり)の解析でFEM機能を試してみる。 (2016/01/14)


25

無償3D CAD「123Dシリーズ」がサービス終了へ、「Tinkercad」などに機能統合

Autodesk(オートデスク)は無償3D CADツール「123Dシリーズ」の新規サービス提供を2017年3月31日で終了する。123Dシリーズの機能は、同社のコンシューマー向け3D CADツール「Tinkercad」「Fusion 360」「ReMake」に移植、統合される予定だ。 (2017/01/06)


26

スライドで処理できないアンダーカットはどうするの?

スライドコアでも処理できないアンダーカットを処理する方法にはいろいろある。その代表的処理が「傾斜コア」だ。処理せずに無理に抜いてしまう場合(無理抜き)もある。 (2013/07/05)


27

理解しづらい傾斜度も、グループ分けでスッキリ

平行度と直角度は分かるけど、傾斜度はよく分からないという人! ややこしく考え過ぎないで、シンプルに考えてみよう。 (2009/11/12)


28

金型を作りやすくする入れ子と冷却機構

今回は、入れ子を入れる理由に加えて、入れ子の設定と関連が深い金型冷却の機構について解説する。 (2013/03/06)


29

パーティングラインを極めるべし!

キャビティとコアの分割面が「パーティングライン」(PL)。その条件により勾配付けの手順に工夫が必要となる。今回はモデリングのツボが満載だ (2008/08/19)


30

ピストンが傷だらけなのにも、理由がある

「新品やのにめっちゃ傷だらけっすよ!」「あほか!」――ピストンやシリンダにわざわざスジを入れる理由をきちんと理解している? (2008/01/30)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。