“製造マネジメント”で人気のある記事トップ30

1

NECが国内工場再編計画を決定、2018年度内に一関事業所を閉鎖へ

NECとNECプラットフォームズは、2018年度末をめどに、NECプラットフォームズ 一関事業所を閉鎖し、同事業所で生産していたSIPサーバやルーターの生産はNECプラットフォームズの他の事業所に移管する。茨城事業所におけるサーバ部品の保税倉庫・保守の機能もNECプラットフォームズの他の事業所に移管することとなった。 (2018/04/20)


2

国産有機ELの夢をのせて、これから始まるJOLEDの旅路

スマートフォン向け、テレビ向け、ともに韓国勢に市場を押さえられている有機EL。かつては有機ELの開発に注力していた日本にとって、印刷方式の有機ELを世界で初めて実現し、量産も始めたJOLEDは最後の希望だ。小寺信良氏が、JOLEDの印刷方式有機ELの可能性と、今後の同社の展開を探る。 (2018/04/17)


3

スマート工場が5G待望のキラーアプリに、期待集めるネットワークスライシング

脚光を浴びるIoTだが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第5回は、5Gとスマートファクトリーの関係性にスポットを当てる。 (2018/04/23)


4

トヨタがインド市場に抱く危機感と本気度――スズキとの車両相互補完に至った理由

今後の自動車市場で重要な役割を果たすインド。トヨタはスズキとの提携により、苦戦するインド市場への対応を加速しようとしている。インド市場の状況とインドにおけるトヨタの事業状況をひもとくことで、同市場におけるトヨタの危機感と本気度を考察する。 (2018/04/26)


5

5分で分かるIoT時代のPLMとは

IoT時代を迎えて製造業のためのITツールもその役割を変えつつある。本連載では、製造ITツールのカテゴリーごとに焦点を当て、今までの役割に対して、これからの役割がどうなっていくかを解説する。第4回はPLMだ。 (2018/04/24)


6

全員参加の生産保全、TPMとは何か?

本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPMとは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説していく。第1回となる今回は、まず「TPMとは何か」について紹介する。 (2016/01/20)


7

融合からその先へ、新日鐵住金が目指すIoTやAIによる生産性改革

新日鐵住金は同社のIT戦略の取り組みについて紹介。合併後のシステム統合の取り組みにめどが立ったことからIoTやAIなど高度ITを活用した生産性改革に取り組む方針を示した。 (2018/04/24)


8

JOLEDは「俺たちの戦いはこれからだ!」じゃない

「Never End!」とか「未完」とかでもないです。 (2018/04/19)


9

ソフトバンクの「うまくいかなかったらごめんなさい」に驚いた

正直なところ会見でそうそう聞かないコメントです。 (2018/04/17)


10

パナソニックの車載事業が世界トップ10入りへ、2021年度に売上高2.5兆円

パナソニックのオートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)社は、車載事業の売上高が2018年度に2兆円を達成することがほぼ確実な状況にある。2021年度には売上高2兆5000億円を達成し、自動車部品メーカートップ10入りに挑戦するという。 (2017/06/01)


11

今後4年間でIoTへ50億ドルを投資――マイクロソフト

Microsoftは、今後4年間でIoT分野に50億ドルを投資すると発表した。IoTとインテリジェントエッジの可能性を拡大し、高度化する顧客要望の支援強化を図る。 (2018/04/25)


12

「アメーバ経営」とは何か

グローバル競争の激化により多くの日系製造業が苦しむ中、にわかに注目を浴びているのが「アメーバ経営」だ。京セラをグローバル企業に押し上げ、会社更生法適用となったJALを復活させた原動力は何だったのか。本連載では、「アメーバ経営とは何か」を解説するとともに、その効果を示す事例としてJAL整備工場での変化について紹介する。第1回となる今回は「アメーバ経営」そのものを紹介する。 (2014/09/12)


13

試作品の数を劇的に減らす直交配列実験の実務

品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。 (2008/12/02)


14

IoT時代の安心・安全を確保するための組織改革――大企業編(2)

製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第8回は、第7回で洗い出した大企業のセキュリティ課題を基に、どのような組織変革を行えば良いのかを一案とともに考察する。 (2018/04/20)


15

本当の「タグチメソッド」を誤解していませんか?

コトバばかりが先行している感のあるタグチメソッド。あなたは本質を誤解していませんか? SN比や直交表だけではない本当のタグチメソッドを知ろう (2010/07/30)


16

AI実装を支援するAIソリューションサービスを開始

マクニカは、グループ各社で展開してきたAI領域のビジネスを統合し、国内インテグレーション、海外の最新製品の提供、AI導入コンサルティングといったAIソリューションサービスを開始する。 (2018/04/23)


17

施工現場のIoT化を実現するソリューション、「見える化」や進捗管理など

日立建機は、施工現場の見える化や進捗管理、指定エリアへの進入を通知する機能を持つIoT施工ソリューション「Solution Linkage Mobile」の販売を開始する。機械および人の現在地や位置履歴を、ほぼリアルタイムに確認できる。 (2018/04/24)


18

既存事業が地盤沈下するNEC、再建のカギを握る「安全」と都市・クルマ・工場

NECは、現行の3カ年中期経営計画の達成が難しくなったことを受け、目標を再設定した2020年度までの3カ年の中期経営計画を発表した。再建に向けては「収益構造の改革」「成長の実現」「実行力の改革」を3本柱とし、成長の原動力として監視システムなどのセーフティ事業を位置付けた。 (2018/01/31)


19

直交配列実験を基にした重回帰分析の実務

品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。 (2009/01/15)


20

方法改善は「4つのポイント」を見逃さないことがコツ!!

人・設備・モノのムダを見つけて改善する。製造業の原価低減に欠かせない3つの要素のムダ発見ために、インダストリアル・エンジニアリングにおける方法改善の技術を紹介していきます。 (2009/10/29)


21

海底の泥から3000年分のレアアース、新産業も生み出す「レアアース泥」とは

資源小国の日本だが、日本を取り囲む海にはさまざまな資源が眠っている。それら海洋資源の1つとして注目されているのが、高品質なレアアースを大量に含む海底の泥「レアアース泥(でい)」だ。南鳥島沖のレアアース泥には、国内需要3000年分のレアアースが含まれているという。レアアースを使った新たな製品につながる技術開発も進んでいる。 (2018/04/02)


22

例題で理解する「そもそもシックスシグマって何だっけ?」

シックスシグマは改善のための重要ワード。でも、どう導入すればいいのか、どう考えるかを理解していますか? 簡単な例題から確認を (2009/11/10)


23

ルノー日産三菱が2022年に1400万台の販売目指す、600km走るEVや完全自動運転車も

Renault(ルノー)と日産自動車、三菱自動車は、新6カ年計画の「アライアンス2022」を発表した。プラットフォームとパワートレインの共有や、電動化・自動運転などの技術の共有によるシナジー創出に取り組み、2022年に年間販売台数は1400万台以上、売上高は2016年比で3割以上の増加となる2400億米ドル(約26兆6400億円)を見込んでいる。 (2017/09/19)


24

TPM活動の進め方、ロス撲滅のための8つの活動

本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPM(Total Productive Maintenance)とは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説している。第2回となる今回は、「TPMの進め方」について紹介する。 (2016/02/18)


25

レノボがNECに加えて富士通のPC事業も傘下に、合弁会社を設立へ

富士通は、100%子会社である富士通クライアントコンピューティングの株式の51%を中国レノボグループに、5%を日本政策投資銀行に譲渡することを決めた。これにより、富士通ブランドのPC事業は3社の合弁会社による運営となる。 (2017/11/06)


26

乗るしかない、この第4次産業革命というビッグウエーブに

本稿では、第4次産業革命という言葉の持つ意味、第4次産業革命を推し進める「デジタライゼーション」と「デジタルツイン」、第4次産業革命で重要な役割を果たす世代、そして第4次産業革命において日本の持つ可能性などについて解説する。 (2018/04/13)


27

生産計画はなぜ必要か? ズバリお答えしよう

今日の製造業が抱えている根本問題は「大量・見込み生産の体制を残したまま、多品種少量の受注生産に移行しようとしている」ことにある。生産計画を困難にするさまざまな要因を乗り越え、より良い生産計画を実現する方法を検証してみよう。 (2008/09/25)


28

デンソーが大規模な組織変更「この激動の時代を乗り切る」

デンソーは2018年4月1日付で実施する組織変更を発表した。新たな部署の設立や名称変更、再編を数多く行う大規模な内容となっている。 (2018/02/20)


29

パナソニックがシリコンバレーに設立した「Panasonic β」で「ヨコパナ」を実現

パナソニックは、デジタル時代に対応する“もう1つのパナソニック”として米国シリコンバレーに「Panasonic β」を設立した。Panasonic βは、組織や職能の壁を超えて横連携を行う「ヨコパナ」を小さな形(ミニヨコパナ)で実現し、イノベーションを量産するマザー工場に位置付けられている。 (2017/11/30)


30

ブロックチェーンへの取り組みに関する調査、40%以上が何らかの取り組み

ガートナー ジャパンがブロックチェーンへの取り組み状況に関する調査結果を発表した。40%以上の日本企業は既に何らかの取り組みを開始しているが、テクノロジーとメリットの理解に課題があるという。 (2018/04/26)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。