“製造マネジメント”で人気のある記事トップ30

1

IoT理解度は20カ国中最下位、日本企業に横たわる「高すぎる理想」

HPE ArubaはIoTの活用度についてのグローバル調査を行い、調査結果を発表した。20カ国の中で日本はIoT理解度で最下位、行動レベルで19位となり、海外に比べて消極的な姿勢が目立つ結果となった。 (2017/04/20)


2

東芝が再生に向けて社内カンパニーを会社分割、課題のガバナンスは強化できるか

東芝は、原子力関連事業に端を発した経営危機からのグループ再生に向け、4つの社内カンパニーを分社化する基本方針を決定。経営危機を招いたガバナンス欠如への対策として、二重三重でガバナンス強化に努める姿勢が打ち出した。 (2017/04/25)


3

日刊メルマガ「日刊MONOist」を発刊――購読でAmazonギフト券1万円が当たる!

MONOistでは、2017年3月1日から日刊メルマガ「日刊MONOist」を新たに発行します。創刊記念としてAmazonギフト券1万円分が10人に当たるキャンペーンを行います。ぜひご購読ください! (2017/02/27)


4

作業研究に欠かせない「標準時間」はなぜ生まれたのか

「実践! IE」シリーズの連載でおなじみの福田祐二氏による新連載がスタート。新シリーズでは、日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」について分かりやすく解説する。第1回では、「標準時間」の生い立ちにまつわる話を紹介しよう。 (2017/04/26)


5

パナソニックが売上高数百億円の事業部を複数創出へ「IoT時代は最大のチャンス」

パナソニックがイノベーション推進に向けたグループの研究開発戦略について説明。「IoTの時代を最大のチャンスと捉えて、新しい事業を作り出していく」(同社 代表取締役専務の宮部義幸氏)として、新設のビジネスイノベーション本部の活動により、現行37事業部と同等レベルに成長し得る事業を、数年内で複数創出していく方針を示した。 (2017/04/20)


6

日本電産の業績が4年連続で過去最高、永守氏「売上高10兆円まで辞めない」

日本電産が2017年3月期の通期決算を発表した。売上高は5期連続の増収となった。中期戦略目標「Vision2020」達成に向けて新規M&Aや「働き方改革」を着実に進める方針も示した。 (2017/04/27)


7

MSとユニアデックス、ドコモがIoTサービスを共同開発、椿本チエインが採用へ

日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモは、法人向けIoTビジネスの拡大に向けた営業活動及び新たなソリューション開発における協業を開始すると発表した。3社で共同開発中のセキュアなIoTパッケージサービスを2017年9月に発売し、このサービスによって2020年度までに1000万台のIoT機器の接続を目指す。 (2017/04/24)


8

IoTなどを活用した産業保安スマート化に取り組む25社の先行事例集

経済産業省は、IoTやビッグデータなどを活用した産業保安のスマート化に先行的に取り組む25社について、スマート化技術の内容やその効果、技術導入に成功した要因などをまとめた事例集を発表した。 (2017/04/26)


9

産業用IoT市場を切り開く日立、IoT基盤を訴求

日立製作所は、ハノーバーメッセ2017にグループ9社共同で出展し、IoT基盤「Lumada」を中心とした、産業向けソリューションを提案した。 (2017/04/27)


10

製造業IoTの成功への道は小さな成功の積み重ね

製造業のIoT活用が加速しデジタル変革への取り組みが広がりを見せている。しかし「何から手を付けるべきか分からない」と迷う企業も多い。SAPで多くの企業のデジタル変革やIoT活用支援を進めるSAP Labsの製造業担当 ソリューションマネジメントグローバルバイスプレジデントのマイク・ラッキー氏に話を聞いた。 (2017/04/21)


11

東芝、逆転のシナリオは「第4次産業革命」にあり

経営危機の東芝は、新たに「今後の東芝の姿」を発表。メモリ事業の完全売却や海外原発事業整理後の成長のシナリオについて示した。 (2017/03/15)


12

新たな競争を生み出す「移動のサービス化」、5GはV2X通信の課題を解決するか

2020年を目標に商用化を目指す自動運転車と5G。両者への期待が相まって、自動車業界や通信業界の間でさまざまな「パートナーシップ」と「フラグメンテーション」が生まれている。「Mobile World Congress(MWC) 2017」レポートの後編では、「移動のサービス化」と「V2X通信」のエリアにおける動向を紹介する。 (2017/04/21)


13

試作品の数を劇的に減らす直交配列実験の実務

品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。 (2008/12/02)


14

青から赤に戻った新生マカフィー、IoTと重要インフラのセキュリティに注力

インテルから分社独立を果たしたマカフィーは、2017年の注力分野として「セキュリティを新たな分野へ展開」を挙げ、IoT(モノのインターネット)と重要インフラのセキュリティに注力する方針を示した。 (2017/04/24)


15

パナソニックがコネクティッドソリューションズ社を新設、AVC社を組織再編

パナソニックは、社内カンパニーのAVCネットワークス社を母体とした組織再編を行い、2017年4月1日付で「コネクティッドソリューションズ社」を設立する。グループ全体のB2Bソリューション事業成長の中核を担う顧客密着型事業体制の構築が狙い。 (2016/09/29)


16

コニカミノルタのエッジIoTプラットフォームは「オフィス向けだけじゃない」

コニカミノルタは、エッジIoTプラットフォーム「Workplace Hub」の国内向け説明会を開催。同社社長兼CEOの山名昌衛氏は「Workplace Hubをきっかけに、ソフトウェアやサービスの進化にハードウェアを取り入れる新しい製造業の在り方に挑戦する。自らの手で変わる、ゲームチェンジャーになりたい」と語り、デジタル革新に挑む同社の姿勢を訴えた。 (2017/04/20)


17

あなたが品質管理で果たすべき役割は何か

製造現場で実施する製品管理を中心とした品質管理の基本を解説する。組織における品質管理の在り方から先人の教訓まで、筆者の経験とノウハウを紹介。 (2011/06/10)


18

本当の「タグチメソッド」を誤解していませんか?

コトバばかりが先行している感のあるタグチメソッド。あなたは本質を誤解していませんか? SN比や直交表だけではない本当のタグチメソッドを知ろう (2010/07/30)


19

インダストリー4.0とカレー

無関係だと思いますよね? 確かにあまり関係はないのですが……。 (2017/04/27)


20

イノベーションを邪魔するのはPDCA思考、能率協会が訴える社会起点の重要性

日本能率協会は、75周年を迎え経営革新への提言を発表する講演会を開催。「KAIKA経営の実践に向けて」をテーマに同協会が推進する「KAIKA経営」の価値を訴えた。 (2017/04/18)


21

「アメーバ経営」とは何か

グローバル競争の激化により多くの日系製造業が苦しむ中、にわかに注目を浴びているのが「アメーバ経営」だ。京セラをグローバル企業に押し上げ、会社更生法適用となったJALを復活させた原動力は何だったのか。本連載では、「アメーバ経営とは何か」を解説するとともに、その効果を示す事例としてJAL整備工場での変化について紹介する。第1回となる今回は「アメーバ経営」そのものを紹介する。 (2014/09/12)


22

品質管理に必須の統計的手法「X-R管理図」「P管理図」の作り方

生産現場の品質管理に使われる「X-R管理図」「P管理図」は、実際にはどうやって作ればいい? サンプルを基に手を動かして覚えよう。 (2012/09/05)


23

例題で理解する「そもそもシックスシグマって何だっけ?」

シックスシグマは改善のための重要ワード。でも、どう導入すればいいのか、どう考えるかを理解していますか? 簡単な例題から確認を (2009/11/10)


24

コニカミノルタがサーバ付き複合機の投入で「コト売り」を加速する

コニカミノルタは、「CeBIT 2017」において、オフィス内に設置したサーバで、さまざまな社内ITシステムや社内プロジェクトなどのコラボレーションを行うシステムなどを統合管理できる「Workplace Hub」を展示した。第1弾モデルとして、同社が多数の顧客を持つ複合機にこのサーバを組み込んで2017年秋に発売する計画だ。 (2017/03/23)


25

日本電産がIoTやAIで1000人規模の中途採用、「既に500人獲得済み」

日本電産は2016年度第3四半期決算を発表。会見で同社会長兼社長の永守重信氏は「1000人規模の中途採用を、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、回路、通信、生産技術を中心に進めている」と語った。 (2017/01/25)


26

全員参加の生産保全、TPMとは何か?

本連載「いまさら聞けないTPM」では、TPMとは何か、そして実際に成果を得るためにどういうことに取り組めばいいかという点を解説していく。第1回となる今回は、まず「TPMとは何か」について紹介する。 (2016/01/20)


27

MotoGPレーシングバイクにIoTセンサーを装着し、テストに活用

アクセンチュアは、Ducatiのオートバイレース部門であるDucati Corseと協力し、IoTと人工知能関連技術をMotoGP世界選手権に参戦するレーシングバイクのテストに活用している。 (2017/04/21)


28

リードタイムを短縮する4つの方策はこれだ!

今日の製造業が抱えている根本問題は「大量・見込み生産の体制を残したまま、多品種少量の受注生産に移行しようとしている」ことにある。生産計画を困難にするさまざまな要因を乗り越え、より良い生産計画を実現する方法を検証してみよう。 (2008/12/25)


29

直交配列実験を基にした重回帰分析の実務

品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。 (2009/01/15)


30

自動運転の宅配「ロボネコヤマト」、まずは非対面の荷物受取から実用実験

DeNAとヤマト運輸は、2017年4月17日から2018年3月31日まで神奈川県藤沢市内の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の3エリアで、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を始める。まずは、非対面型受け取りサービスの検証が実験の中核となる。 (2017/04/17)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。