“製造マネジメント”で人気のある記事トップ30

1

パナソニックのIoT×家電事業にコーヒー焙煎の世界チャンピオンが協力する理由

パナソニックは、IoT×調理家電を活用した新たな食のサービス事業として、コーヒーの生豆を宅配し、その生豆に最適な焙煎を自宅で行える「The Roast(ザ・ロースト)」を発表した。焙煎の決め手になる焙煎プロファイルは、世界チャンピオンの後藤直紀氏が提供する。(2017/01/23)


2

“シンの”トヨタ生産方式とは? 実践事例から学ぶ経営改善の決め手

「トヨタ生産方式」は、生産という言葉が使われていることもあって「生産業務の現場改善のための手法」と誤解されていることが多い。しかし実際には、事業活動全般に適用できることから企業の経営改善に役立っている。トヨタ生産方式の達人・鈴村尚久氏が、実践事例を基に、“シンの”トヨタ生産方式について解説する。(2017/01/17)


3

今後5年で人々の仕事や生活を変える5つのイノベーション

IBMは、人々の仕事や生活を今後5年間で変える可能性を持つ、5つのイノベーションをまとめた「IBM 5 in 5」を発表した。言葉から精神疾患の兆候を予測したり、自動車の運転時に未知の危険を知らせたりと、見えないものを可視化する科学的手段だ。(2017/01/23)


4

ロボットアームの故障を予知、PREDIXにも対応

ISIDは「SFE2017」において、産業用ロボットアームの故障を予知する「産業用ロボットアーム モーター故障予兆ソリューション」を出展した。GEなどが主導する産業用インターネット基盤「PREDIX」にも対応する。(2017/01/19)


5

“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下がる!【後編】

革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”を紹介する3回シリーズの後編となる今回は、「トヨタ生産方式」を構成する二本柱の1つである「ジャスト・イン・タイム」について考えます。(2017/01/24)


6

インクジェット事業部を新設、3Dプリンティングなど新規分野へ事業拡大

富士フイルムは、インクジェット技術による事業の拡大を図るため、「インクジェット事業部」を新設する。新事業部の設立により、ヘッド、インク、画像処理を一貫して自社グループ内で開発できるようになる。(2017/01/18)


7

革新企業トップ100で日本は3年連続最多ならず、原因は「量から質への転換」

クラリベイト アナリティクスは、保有する特許データを基に知財・特許動向を分析し、世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」を発表。2014〜2015年の2年連続で、100社中の国別企業数1位だった日本だが、2016年は34社と前年比で6社減となり、39社と同5社増えた米国に1位を奪還された。(2017/01/11)


8

試作品の数を劇的に減らす直交配列実験の実務

品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。(2008/12/02)


9

第4次産業革命の真の幕開けとなる2017年、カギを握るIoTプラットフォーム

2016年は製造業におけるIoT活用が具体的なものとして進展した1年となったが、2017年もその流れはとどまることはない。実導入や実活用に向けた本格的な動きが広がる中で2016年に注目を集めたのが、IoTを活用する基盤「IoTプラットフォーム」である。さまざまな解釈、さまざまなレイヤーのIoTプラットフォームが乱立する中、2017年はIoT基盤の整理が進む1年となる。(2017/01/05)


10

“X”に何を入れるかはアナタ次第、「IoX」を訴求する新日鉄住金ソリューションズ

新日鉄住金ソリューションズは「SFE2017」において、モノだけでなく人の要素も加えたIoTソリューション「IoXソリューション」を紹介した。(2017/01/18)


11

売上高は合計130兆円、トヨタやホンダなど13社が参画する水素協議会が発足

エネルギーや運輸、製造業の世界的な大企業13社が参加する、新エネルギーとしての水素の利用促進を目的とした団体「水素協議会(Hydrogen Council)」が発足した。国内企業からはトヨタ自動車やホンダ、川崎重工業が参加する。13社の売上高の合計額は1兆700万ユーロ(約129兆円)、従業員数の合計は約172万人になる。(2017/01/19)


12

本当の「タグチメソッド」を誤解していませんか?

コトバばかりが先行している感のあるタグチメソッド。あなたは本質を誤解していませんか? SN比や直交表だけではない本当のタグチメソッドを知ろう(2010/07/30)


13

トランプ政権による“米国内生産回帰”で何が起こるのか

日本の製造業にとってリスクでもあり、チャンスでもあります。(2017/01/24)


14

品質管理に必須の統計的手法「X-R管理図」「P管理図」の作り方

生産現場の品質管理に使われる「X-R管理図」「P管理図」は、実際にはどうやって作ればいい? サンプルを基に手を動かして覚えよう。(2012/09/05)


15

先手を打ったマツダの製造業革命――真の“コンカレントエンジニアリング”がもたらす新しい価値

それは、生き残りをかけた究極のイノベーションであり、産業史にも残るものであろう。マツダが次の飛躍に向けて進める大胆な開発・生産プロセス改革の深層を追った。(2012/01/25)


16

あなたが品質管理で果たすべき役割は何か

製造現場で実施する製品管理を中心とした品質管理の基本を解説する。組織における品質管理の在り方から先人の教訓まで、筆者の経験とノウハウを紹介。(2011/06/10)


17

トヨタが新設する「新興国小型車カンパニー」、ダイハツに開発生産を一本化

トヨタ自動車とダイハツ工業は、今後の新興国向け小型車事業の強化に向けた両社の役割分担を決定した。2017年1月をめどに新設される「新興国小型車カンパニー」は、開発/調達/生産準備をダイハツ工業に一本化する。(2016/10/05)


18

直交配列実験を基にした重回帰分析の実務

品質管理のための代表的な統計手法である実験計画法について、実践的な手法を短期間に習得したいと希望している読者に向けて、Excelを使って効率的に独学できるような解説を行う。(2009/01/15)


19

製造業の生産現場と製品のIoT化を支援するソリューションの提供を開始

アビームコンサルティングは、製造業の生産現場と製品のIoT化を支援する「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」の提供を開始した。活用シナリオとデータ分析モデル、IoTプラットフォームなどで構成され、短期間でIoTを導入できる。(2017/01/20)


20

例題で理解する「そもそもシックスシグマって何だっけ?」

シックスシグマは改善のための重要ワード。でも、どう導入すればいいのか、どう考えるかを理解していますか? 簡単な例題から確認を(2009/11/10)


21

「アメーバ経営」とは何か

グローバル競争の激化により多くの日系製造業が苦しむ中、にわかに注目を浴びているのが「アメーバ経営」だ。京セラをグローバル企業に押し上げ、会社更生法適用となったJALを復活させた原動力は何だったのか。本連載では、「アメーバ経営とは何か」を解説するとともに、その効果を示す事例としてJAL整備工場での変化について紹介する。第1回となる今回は「アメーバ経営」そのものを紹介する。(2014/09/12)


22

リードタイムを短縮する4つの方策はこれだ!

今日の製造業が抱えている根本問題は「大量・見込み生産の体制を残したまま、多品種少量の受注生産に移行しようとしている」ことにある。生産計画を困難にするさまざまな要因を乗り越え、より良い生産計画を実現する方法を検証してみよう。(2008/12/25)


23

AIサービスを開発・提供するための業務提携

伊藤忠テクノソリューションズはグリッドと業務提携し、AIサービスの開発や提供に関して協業すると発表した。グリッドの機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を活用して、顧客データの分析など、順次サービスを拡充していく。(2017/01/24)


24

パナソニックがコネクティッドソリューションズ社を新設、AVC社を組織再編

パナソニックは、社内カンパニーのAVCネットワークス社を母体とした組織再編を行い、2017年4月1日付で「コネクティッドソリューションズ社」を設立する。グループ全体のB2Bソリューション事業成長の中核を担う顧客密着型事業体制の構築が狙い。(2016/09/29)


25

ものづくり企業の犯す間違った競争戦略を正す!

同じポジション、アイデアで競争しているから収益性が低い。これこそ日本製造業の抱えている深刻な疾患だ(2009/02/09)


26

IoTでつながるクルマの未来――コネクテッドカーに向け電機業界がなすべきこと

今後の製造業の発展に向けて必要不可欠とみられているIoT(モノのインターネット)。本連載では、IoTの現在地を確認するとともに、産業別のIoT活用の方向性を提示していく。第2回は、つながるクルマ=コネクテッドカーとしてIoT端末の1つになる自動車を取り上げる。(2017/01/10)


27

MONOistはなぜ「新年展望」を始めたのか

「展望」って言葉が何となくカッコいいから……だけではないのです。(2017/01/19)


28

方法改善は「4つのポイント」を見逃さないことがコツ!!

人・設備・モノのムダを見つけて改善する。製造業の原価低減に欠かせない3つの要素のムダ発見ために、インダストリアル・エンジニアリングにおける方法改善の技術を紹介していきます。(2009/10/29)


29

デジタル技術により、ビジネス変革を支援する専門組織を新設

キヤノンITソリューションズは、新成長分野の事業拡大を目指し、デジタル技術によって顧客のビジネス変革を支援する専門組織を新設した。IoT、デジタルマーケティング、クラウドサービスの分野を中心にサービスを提供する。(2017/01/19)


30

「ナイトライダー」が現実に、音声アシスタントの進化が止まらない

脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第3回は、IoTと人工知能(AI)との連携によって進化が加速している音声アシスタント機能の動向に迫る。(2016/11/15)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。