“製品導入”で人気のある記事トップ30

1

「iPhone X」採用の顔認証「Face ID」にセキュリティ専門家が真顔になる理由

AppleによるiPhoneシリーズ最上位機種「iPhone X」に採用した顔認証システム「Face ID」は、スマートフォン向けセキュリティを変革するインパクトを持つ。その仕組みと社会への影響について、専門家に聞いた。 (2017/09/21)


2

「個人用Gmailの業務利用」はどう考えても危険、それでも使う?

BYOD(私物端末の業務利用)戦略の一環として個人用Gmailアカウントを業務利用するのは企業にとって高いリスクをはらむ。その理由を解説する。 (2017/09/13)


3

Windows 10 MobileがiOSやAndroidに大逆転勝利する“最後のシナリオ”

MicrosoftはモバイルOSでApple、Googleとの競争に負けた。だがモバイル用とデスクトップ用のOSの融合を進めることで優位に立てる可能性がある。 (2017/09/22)


4

「テープ」はその役目をまだ終えてはいない

クラウド全盛期ともいえる現在だが、これまで使われてきた技術が急に無くなるわけではない。アーカイブで活躍していたテープも、時代に合った進化を遂げている。 (2017/09/20)


5

“オワコン”と呼ばれたPC市場に復活の兆し、きっかけは?

PC市場の縮小により、ベンダーは生き残りをかけてイノベーションを起こす必要に迫られてきた。その成果だけでなく、さまざまな要素が絡み合い、PC市場の縮小ペースが著しく減速している。 (2017/08/24)


6

iPhone搭載の「iOS」を好む人と、「Android」が大好きな人の違い

Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。この2つの最大の違いはカスタマイズ性だ。新たにスマートフォンを購入する場合は、カスタマイズする/しないのトレードオフ関係を、大局的に検討する必要がある。 (2016/03/27)


7

Windows 10ユーザーの悩み「更新プログラムが重い」を何とかしたい

Windows 10の更新プログラムは帯域を独り占めしがちだ。この問題を緩和するには従量制課金接続やピアツーピア共有を利用するように設定するとよい。帯域を節約しつつ、OSを最新に保つことができる。 (2017/09/14)


8

Gmailが大人気でも「Microsoft Outlook」が使われ続ける“切実な事情”

「Google Apps for Work」と「Office 365」の戦いにおいて、Microsoftは自社製品に対するユーザーの強い愛着をフルに利用している。ただし、忠実な支持者はGoogleにもいる。 (2016/08/31)


9

“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント

HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。 (2017/09/21)


10

RDBMSはもう要らない? 多様化するデータ管理システム

リレーショナルデータベースの役割がなくなるわけではないが、不向きな用途が増えてきたのも事実だ。多様化するデータ管理システムの特徴を理解しておこう。 (2017/09/21)


11

いまさら聞けない、「CASB」と「URLフィルタリング」は何が違うのか?

クラウドセキュリティの注目株である「CASB」は、既存のセキュリティ製品やクラウドサービスのセキュリティ機能と、何がどう違うのか。分かりやすく解説する。 (2017/09/13)


12

「Gmail」に新たな脅威、“偽ログイン画面”でアカウント情報がダダ漏れの危険

「Gmail」経由でGoogleアカウント情報を不正に入手する新たなフィッシング詐欺が発生した。その手口は単純にも見えるが巧妙で、気付くのが難しいという。 (2017/01/26)


13

IT部門が震えるスマホセキュリティの危険な現状、脅威対策は必要か

エンタープライズモビリティ管理(EMM)は重要なセキュリティテクノロジーだが全てをカバーできるわけではない。そこで役立つのがモバイル脅威対策ソフトウェアだ。IT部門はこれを使って問題に対して先手を打てる。 (2017/09/20)


14

Skype for Business導入企業のほとんどがハマる残念な現実

LyncからSkype for Businessへ改称されて1年半。初期の混乱は収まったが、導入企業の多くがSkype for Businessのメリットを生かせていないという。 (2016/08/05)


15

政府が進めている東京オリンピックのサイバーセキュリティ対策とは?

日本政府は、2020年の東京オリンピックに向けてさまざまなサイバーセキュリティ対策を進めている。政府の対策は十分なのか。そして、オリンピック開催時にやって来る「膨大な脅威」とは何か。 (2017/09/22)


16

Windows 10「こんなはずじゃなかった集」、拡大画面が元に戻らない……

「Windows 10」の機能や共通アプリには、企業にとって“注意すべき”ものもあるという。導入後、思わぬトラブルに見舞われた複数の企業のIT担当者が語る。 (2017/08/11)


17

ヤフーは「OpenStack on Kubernetes」で、クラウド運用の自動化をどう実現したのか

OpenStackでプライベートクラウドを構築しているヤフーは、クラスタ数増大とともに複雑化する運用に悩まされていた。そこで目を付けたのがKubernetesだ。これにより障害復旧やクラスタ構築などの自動化を実現した。 (2017/09/21)


18

超速で進化するハイパーコンバージド(HCI)技術、次は脱ハイパーバイザー

ハイパーコンバージド技術が進化している。従来のハイパーバイザーではなく、コンテナ技術をサポートする製品も登場。新しい課金モデルが現れるなど市場の変化が激しい。 (2017/09/11)


19

「ストレージ環境」に関するアンケート

簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。 (2017/09/20)


20

着実に進む「Chromebook」の仕事マシン化に気付いているか?

「Google Chrome Enterprise」によって、企業はChromebook上でのGoogle Play Storeアプリやその拡張機能の管理、Microsoft Active Directory連携などが可能になる。 (2017/09/06)


21

もう“SSDの寿命”を心配する必要はない? 一般的な「SSDの耐用期間」とは

HDDやRAIDのメーカーは、ソリッドステートドライブ(SSD)のセルの寿命について不安をかき立てている。だが企業がSSDの採用を検討する際、劣化を心配する必要はそれほどないという声もある。 (2017/08/25)


22

アシックス、19年間使ってきたメールシステムをリプレースして「Gmail」導入、決断のきっかけは?

グーグルは、2015年6月17日と18日に「Google Atmosphere Tokyo 2015」を開催した。その中で披露された「Google Apps for Work」の活用事例を3つ紹介する。 (2015/08/24)


23

「SLA」は分かるけど「SLO」とは? IT発注するなら知りたい契約のこと

「SLO」と「SLA」は混同されがちな用語だ。しかし、この2つの用語には大きな違いがある。本稿では、その違いについて説明する。 (2016/09/05)


24

「Raspberry Pi」が最適? IoTゲートウェイのプロトタイプ作成方法を比べる

IoT活用の第一歩はIoTゲートウェイのプロトタイプ作成から始まる。ここではプロトタイプ作成のための一般的なアプローチを2つ紹介する。 (2017/09/22)


25

VDI vs. RDS、2つのデスクトップ仮想化方式を比較

リモートデスクトップ環境を実現する仮想デスクトップインフラ(VDI)とRemote Desktop Services(RDS)はどこが違うのか。米Citrix Systemsと米VMwareによるVDIとRDSのサポートについても説明する。 (2012/09/27)


26

AI活用が本格化するほど重要になる「分析プロセスとデータの管理」 専門家が指摘

データ分析に関するカンファレンスで、専門家達は人工知能(AI)の業務利用におけるデータ管理の重要性、エッジ分析の可能性、EUの一般データ保護規則(GDPR)施行で起こり得る業界動向などについて予測した。 (2017/09/21)


27

熟成されたサーバOS「Windows Server 2016」の全貌

ついに登場した「Windows Server 2016」。大幅に改善、強化された各種機能と仕様を紹介する。 (2016/11/21)


28

「スマート農業」が“食の救世主”となる6つの根拠

IoT(モノのインターネット)を農業に活用する「スマートファーミング」(スマート農業)は、安定的な食料供給を維持するための数少ない手段となり得る。 (2017/09/11)


29

災害対策、迷ったらこれを選ぶ 〜3つのDR方式を徹底解説

障害や災害に備え、企業はどの程度のシステムの災害対策(DR)を行うべきなのだろうか。DRには大きく分けて3つの方式がある。それぞれの目的や実装パターンとは。 (2015/05/22)


30

沖縄銀行はなぜ「AI活用型マルウェア対策製品」をいち早く導入したのか

2016年に創立60周年を迎えた沖縄銀行は、以前から取り組んできたセキュリティ対策を一段と強化すべく、人工知能(AI)技術を活用したマルウェア対策の導入に踏み切った。その背景とは。 (2017/09/19)


下記ランキングは「アイティメディアID」のプリント機能の利用回数によるランキングです。
プリントの使い方はこちらをご覧ください。