ニュース
» 2012年08月13日 07時20分 UPDATE

全国でんき予報2012夏:8月13日(月)−お盆休みで一服、東京や関西は夜にピーク

13(月)〜15日(水)の3日間は、製造業などが夏の休業に入ることもあって、各地の需給率は80〜85%程度に落ち着く見通しだ。北海道・東京・関西の3地域では、夜の19時台にピークを迎える。北陸と四国は3日間の予報を休止している。

[スマートジャパン]

 お盆休み特有の現象で、電力需要のピークが昼の14時台から夜の19時台に移る傾向が見られる。東京では12日(日)も19時台がピークで、13日(月)は12時台からなだらかに上昇して19時台にピークになる見通し。それでも需給率は81.5%に収まる。

 このほか北海道と関西でも19時台にピークを迎えるが、いずれも需給率は80%台の前半で推移する。最高は九州の86.1%で、先週までと同様に14時台にピークを迎える見込みだ。

 お盆休みのあいだは電力の供給に問題がないとみてか、北陸と四国は3日間の予報を休止している。

Forecast_Aug_13_updated.jpg 8月13日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.