ニュース
» 2012年08月30日 09時15分 UPDATE

電力供給サービス:200MWを目指して突き進むソフトバンク、鳥取と大阪にメガソーラー建築

太陽光発電システムを利用した発電事業に参入した企業の中でも、大規模な計画を立てているのがソフトバンクの関連会社であるSBエナジーだ。日本全国に合計200MWの太陽光発電所を建築する計画を立てている。同社は鳥取県米子市と大阪府泉大津市にメガソーラーを建築することを明らかにした。

[笹田仁,スマートジャパン]

 ソフトバンクの関連会社で、太陽光発電事業を手掛けているSBエナジーは、総合商社の三井物産と共同で、鳥取県米子市に太陽光発電所「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」(図1)を建築すると発表した。両社は共同出資で「鳥取米子ソーラーパーク株式会社」を設立しており、太陽光発電所の運営会社とする。出資比率は両社とも50%。

Yonago_Solar.jpg 図1 ソフトバンク鳥取米子ソーラーパークの完成予想図

 建設予定地は、敷地面積が約53万4000m2。鳥取県、鳥取県米子市、鳥取県住宅供給公社が保有しており、今後鳥取米子ソーラーパーク株式会社は、3者と土地賃貸借契約を結ぶ。

 着工は2012年9月の予定で、2013年7月に稼働開始の予定。最大出力は約39.5MW(約3万9500kW)。年間におよそ3950万kWhの電力を発電する見込み。これは、一般家庭の約1万1000世帯の年間消費量に相当する。

 さらにSBエナジーは大阪府泉大津市の埋立地「泉大津フェニックス」にも太陽光発電所を建設することを明らかにした。泉大津フェニックスの敷地は大阪府が保有しており、府はこの場所にメガソーラーを建築する事業者を募集していた。SBエナジーは事業者に選ばれた形になる。

 約25万m2の敷地に最大出力が約18.9MW(約1万8900kW)のメガソーラーを建築する予定。SBエナジーはこれから設計、調達、建設を担当する事業者を選定し、早期に建築を開始するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.