ニュース
» 2012年10月10日 07時00分 UPDATE

LED照明:白熱電球用の調光器にも断熱材にも対応する小型LED電球

ダウンライトで使えるLED電球は意外に少ない。断熱材がライト全体を覆っていることが理由の1つだ。日立アプライアンスは断熱材施工器具に対応し、さらに調光器にも対応する小型LED電球を発売する。

[笹田仁,スマートジャパン]

 日立アプライアンスは、E17口金を採用した小型LED電球の新製品「LDA7D-G-E17/DS」と「LDA7L-G-E17/DS」を2012年10月19日から発売する(図1)。価格はオープン。実売価格は4500円前後になる見込み。

Hitachi_Appliance_E17_Bulb.jpg 図1 日立アプライアンスが新たに発売する小型LED電球。調光器や断熱材施工器具に対応する。上部には光を拡散させるカバーを取り付けてあり、光が広い角度に広がる

 特長は3つ。1つ目は白熱電球向けの調光器に対応すること。内部に小型の調光回路を搭載し、調光器に対応した。2つ目はダウンライトなどの断熱材施工器具に対応すること。本体の下半分に多数のスリットを設け、放熱しやすい構造にしたことで、断熱材施工器具に対応した。さらに、密閉型器具にも対応する。

 光色と全光束はLDA7D-G-E17/DSが昼光色相当で500lm。LDA7L-G-E17/DSが電球色相当で420lm。500lmと420lmという数字は、それぞれ小型電球40W形、小型電球25W形に相当するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.