連載
» 2012年10月19日 13時00分 UPDATE

キーワード解説:LED照明の統一規格「JEL 801」

既存の蛍光灯で使用していた照明器具を流用できる直管形LED照明は、価格の安さで人気だが、照明器具を改造する必要がある。しかも改造方法はメーカーによって異なる。これを問題視した業界団体が作った直管形LEDランプと照明器具の統一規格が「JEL 801」だ。

[笹田仁,スマートジャパン]

 「JEL 801」とは日本の大手照明器具メーカーが参加している業界団体「日本電球工業会」が2010年10月に制定した規格。「L形ピン口金GX16t-5付直管LEDランプシステム(一般照明用)」という名称が付いており、直管形LEDランプと照明器具の形状などを定めている。現在では国内の大手照明器具メーカー各社がJEL 801準拠の製品を販売している。

 日本電球工業会がJEL 801を制定した背景には、海外から流入し始めていた初期の直管形LEDランプが問題を起こしていたという事実がある。これらの製品では、従来の蛍光灯で使用していた照明器具を改造して流用するが、改造の方法がメーカーや製品によってバラバラだ。

 例えば電流をどこから流すのかという点を取ってみても、片側の口金から流すもの、両側の口金の1本ずつに流すものなど、さまざまな形がある。日本電球工業会はランプに合わせて正しく改造しないと、電流が流れてはいけないところに流れてしまい、事故につながるとしている。さらに、ランプによって改造の方法が異なることも問題視している。

 初期の直管形LEDには、光がちらつくとか、真下しか明るくならない、明るさが足りないという、光の質に関する問題もあった。

 JEL 801ではこのような問題を防ぐために、口金の形から、電流の流し方、最低限満たすべき明るさなどを定めている。口金には従来の蛍光灯で使用していた「G13」というものに代わって「GX16t-5」という新しいものを採用した。ランプの片側にL字型の口金が2本出ており、そこから電流を流すようになっている。ランプの反対側には釘の頭のような形をした口金が1本出ており、接地(アース)に使用する。

 口金の形を変えて、電流の流し方を統一したことで、JEL 801に準拠していないランプを誤って挿入し、事故を起こす可能性はなくなった。この口金はG13とくらべて固定力が強く、蛍光灯に比べて重くなりがちな直管形LEDランプもしっかり支え、落下を防止する。

 光の質については、「蛍光灯と見え方が変わらない光を発する」ことを目指してランプの全光束、演色性、光が広がる範囲(配光)について定めている。全光束は2300lm以上でなければならない。一般的な蛍光灯よりもわずかに少ない値だが、JEL 801で定めているのは最低限満たさなければならない基準であり、蛍光灯よりも全光束の値が高い製品も多い。

 演色性は平均演色評価数(Ra)が80以上でなければならない。これは光が物体を照らしたときに、その物体の色が自然光に照らしたときとなるべく変わらないようにするための基準だ。Raが80もあれば、蛍光灯とほぼ変わらない光を期待できる。

 光が広がる範囲については、ランプ下方120°の範囲に全光束の70%を超える光束を集中させてはならないと規定している。30%以上の光を横や天井に向けなければならないということだ。ほかにも、光のちらつきを防ぐために、ランプに流す電流の波形についても定めている。

 JEL 801対応製品には、蛍光灯と入れ替えたとしても光について違和感を感じる可能性がほとんどないという大きな特長がある。またランプや照明器具の性能を細かく調べる必要がないということも大きな利点だ。「JEL 801準拠」という製品を買えば、どのような光を放つのかをある程度予想できるからだ。

 一方で口金の形が従来の蛍光灯とまったく異なるため、ランプを変えるだけでなく照明器具も新しいものに交換する必要がある。既存の照明器具を改造して流用する製品と比べると、照明器具を購入しなければならない分どうしても高価になってしまうという欠点もある。

 LED照明を導入する大きな目的の1つとして電力コスト削減が挙げられる。導入にあまりに大きなコストがかかってしまうと、導入前後の電気代の差を考えても結局高く付いてしまうことがある。JEL 801準拠の製品を広く普及させるには、大幅に価格を下げる必要がある。

関連記事:これを読めば「JEL 801」がさらによく分かる!

直管型LED照明、国内標準規格にどれほどの意味があるのか

日本電球工業会が直管形LED照明向けに独自に策定した規格「JEL801」を、JIS(日本工業規格)標準とする動きがある。JEL801規格製品を販売する国内大手メーカーは、主に海外メーカーが製造しているG13口金を利用した製品には問題があると主張している。


光色と明るさを自由に選べる、直管形LED照明器具

日本の主要家電メーカー各社は、日本電球工業会が定めた「JEL801」規格に準拠した直管形LEDランプの開発を続けている。パナソニックは同社が販売しているすべての直管形LEDランプを使用できる照明器具を発売した。


LED照明が寿命を迎えるとどれくらい暗くなる?

消費電力の低さ、寿命の長さでLED照明が人気を集めている。既存の照明から入れ替えたという人も多いだろう。では、LED照明が寿命を迎えると、出荷時の明るさに比べてどれくらい暗くなるのだろうか?


蛍光灯との入れ替えで約27%節電、Hf32形代替の直管形LEDランプ

蛍光灯をLEDランプに入れ替えて節電を図ろうとする企業が増えているが、通常の蛍光灯よりも明るく光るHf管の代替となる直管形LEDランプは少なかった。パナソニック エコソリューションズ社はHf32形蛍光灯の代替となる直管形LEDランプを発売する。


価格低下と明るさ向上が進む直管形LED、最新製品徹底比較

空調機器とは異なり、照明をLEDに入れ替えることによる節電効果は夏だけでなく、1年中期待できる。本稿では、多くのオフィスが使用している40形蛍光灯を直管形LEDランプに置き換えることを想定し、各社が発売している直管形LEDランプの特長を紹介していく。


キーワード解説「ルーメン(lumen:lm)」

蛍光灯や白熱電球などの従来型の照明器具では、その消費電力からおおよその明るさを判断できた。しかし、技術革新が続くLED照明の場合は、消費電力から明るさを判断することが難しくなっている。そこで各メーカーはルーメン(lm)という単位で明るさを判断するように推奨している。


低価格なJEL801準拠のLEDランプ、設計の見直しなどで明るさ向上と低価格化を両立

国内電機メーカー各社が揃って日本電球工業会のJEL 801規格に準拠した直管形LEDランプを出荷しているが、海外メーカー製品に比べると割高で手を出しにくかった。シャープは設計を見直して、従来製品よりも24%価格を下げた製品を出荷する。


キーワード解説「LED照明」

オフィスで消費する電力のうち、かなりの部分を照明器具が消費している。そこで、消費電力量を大きく下げることを狙って、照明器具を消費電力量が少ないものに入れ替える例が増えている。低消費電力の照明器具を代表する存在となったのが「LED照明」だ。


LED照明の導入効果と注意点 第1回 「消費電力量」

夏を前にして、節電計画を担当する人の悩みは深いのではないだろうか。企業の節電対策の1つとして重要性が高まっているLED照明への切り替えをテーマに、効果的な導入方法を4回に分けて解説する。


駅舎照明のLED化で消費電力量半減を見込む、東急自由が丘駅

東急は、自由が丘駅の照明設備のほとんどを入れ替えた。以前に使っていた照明設備と比較して消費電力量を50%以上削減できると見込む。さらに、次世代の照明を模索する動きも見せている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.