連載
» 2013年01月23日 11時00分 UPDATE

全国でんき予報2013冬:1月23日(水)−東京など3地域の需給率が90%到達、北陸は92%以上に

東北、東京、中部の3地域の最大需要電力が大きく減少するほかは、微減あるいは10万kW程度の増加となる見込み。最大供給電力を見ると中部が大きく減少し、関西が大きく伸びる。東京、中部、北陸の3地域で需給率が90%を超える。

[スマートジャパン]

 東京は昨日に比べて最大需要電力が50万kW下落すると予測しており、最大供給電力を13万kW減らす。最大供給電力の減り幅は少ないが、需給率は90.2%となる見込み。

 中部は昨日に比べて最大需要電力が80万kW下落すると予想している。需要の減少に合わせて最大供給電力を47万kW減らすが、需給率は90.4%に達する。

 北陸では最大需要電力が昨日比で15万kW増加する見込み。しかし、最大供給電力は6万kW減となってしまい、需給率は92.4%まで上昇する。

 他地域の供給状況、特に関西は安定している。

Forecast_Jan_23.jpg 1月23日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.