ニュース
» 2013年12月11日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:16カ所に82MWの太陽光発電所を建設、宮崎では8.3MW

アルファグループは宮崎県都農町に出力8.3MWのメガソーラーを建設すると発表した。都農町には過去、リニアモーターカーの実験線が走っており、実験線を利用したメガソーラーでも有名だ。

[畑陽一郎,スマートジャパン]
yh20131210Tsuno_map_250px.jpg 図1 宮崎県都農町と発電所の位置

 アルファグループは、宮崎県都農(つの)町に出力8.3MWの大規模太陽光発電所「都農ソーラーパーク」を建設する(図1、図2)。

 都農町に面積15万527m2の土地を所有する法人と土地の売買計画を2013年11月に締結済みである。ノンリコースローン(非遡及融資)を利用して約30億円を調達し、2014年1月に着工、2015年期初の完成を予定する。

 設計・調達・建設(EPC)は、他企業に依頼する予定。完成後は、同社の100%子会社で再生可能エネルギー事業などを手掛けるアルファチーラーが発電所を所有し、売電事業を手掛ける。想定年間発電量は1087万6230kWh。

yh20131210Tsuno_MS_590px.jpg 図2 都農ソーラーパークの完成予想図。出典:アルファグループ

全国16カ所に82MWを建設

 アルファグループは2012年11月、大規模太陽光発電事業に参入し、これまでに5カ所の計画を公表してきた。「飯塚ソーラーパーク」(福岡県桂川町、出力1.5MW)は2013年10月、既に運転を開始している。「京丹後Aソーラーパーク」「京丹後Bソーラーパーク」(京都府京丹後市、いずれも出力2.0MW)は2014年3月の完成を予定しており、「矢板Bソーラーパーク」「矢板Cソーラーパーク」(栃木県矢板市、いずれも出力2.3MW)は2014年4月完成予定だ。この他、熊本県山鹿市にも土地を取得済みであり、2MW〜30MWの発電所を建設する予定だ。「全国16カ所に82MWのメガソーラーを建設する予定」(アルファグループ)。

 同社の取り組む太陽光発電事業は、都農ソーラーパークのような自社運営に限らない。発電設備だけを売却する手法も採る。京丹後Aソーラーパークと京丹後Bソーラーパーク、矢板Bソーラーパーク、熊本県に新設する発電所は売却を予定する。

 当初から売却を予定して発電所を建設する手法だ。同社グループが土地の入手と資金調達を手掛け、外部の企業にEPCを依頼。発電所の完成後は設備だけを売却し、売却先の企業と土地の賃貸借契約を結ぶ。

 この他、今後は50kW程度の区分所有や、大規模開発と組み合わせた証券化スキーム、ファンド化などにも取り組むとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.