連載
» 2014年02月14日 11時00分 UPDATE

全国でんき予報2014冬:2月14日(金)−東京、中部、四国で需給率94%超、関西、中国も高い

2月14日の需給率は5地域で高い。9時の段階で東京、中部、関西が今冬の最大需要電力を記録している。

[スマートジャパン]

 2月14日(金)は降雪と悪天候の影響が既に出ている。9時時点の最大需要電力の速報値によれば、3つの地域で今冬の最高記録を更新している。東京(4830万kW)、中部(2353万kW)、関西(2487万kW)だ。四国もあと3万kWで最高値の487万kWに達する。中部と北陸以外は夕方の時間帯に最大需要電力に達する予想であり、注意が必要だ。

 14日の需給率は当然のようにひっ迫した状態を示している。東京(94.5%)、中部(94.2%)、四国(94.6%)の3地域が特に高い。関西と中国の値も92%を超えている。

 なお、九州は2月13日(木)に今冬の最大需要電力の記録を更新(1438万kW)したものの、14日は落ち着いた状態だ。

Forecast_Feb_14_sj.jpg 2月14日の需給予測(各電力会社がWebサイトに掲載したデータから)

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.