ニュース
» 2014年04月01日 09時00分 UPDATE

スマートシティ:3万世帯に電力を供給する風力発電所、2016年1月に秋田県で運転開始

風力発電所の開発が相次ぐ秋田県でも最大規模の51MW(メガワット)の発電設備を建設する工事が始まった。2016年1月に運転を開始する予定で、年間の発電量は一般家庭で3万世帯分に相当する規模になる見込みだ。豊田通商と東京電力の合弁会社ユーラスエナジーが建設・運営する。

[石田雅也,スマートジャパン]
eurus2_sj.jpg 図1 「ユーラス由利高原ウインドファーム」の所在地。出典:ユーラスエナジーホールディングス

 約5年間に及ぶ環境影響評価のプロセスを経て、「ユーラス由利高原ウインドファーム」の建設工事が3月26日に始まった。建設する場所は秋田県の南部にある由利本庄市(ゆりほんじょうし)で、日本海から5キロメートルほど内陸に入った高原地帯だ(図1)。

 日本海からの風を受けやすいように、南北に17基の大型風車を並べて設置する(図2)。1基で3MW(メガワット)の発電能力があり、合計で最大51MWの電力を供給することができる。年間の発電量は一般家庭で3万世帯分に相当する規模になる見込みである。運転開始は2016年1月を予定している。

eurus1_sj.jpg 図2 「ユーラス由利高原ウインドファーム」の事業実施区域。出典:ユーラスエナジーホールディングス

 風力発電所を建設・運営するユーラスエナジーグループは2009年1月に環境影響評価の手続きを開始して、ようやく2014年3月7日に完了した。この間に風車の設置数を21基から17基に縮小するなどして、生態系に対する影響の低減を図った。

 すでにユーラスエナジーは秋田県内で2つの風力発電所を運営していて、そのうち「西目ウインドファーム」は出力30MWで秋田県で最大の規模を誇る(図3)。さらに建設中の「秋田港ウインドファーム」が18MWで2014年10月に運転を開始する計画だ。新たに「ユーラス由利高原ウインドファーム」を加えると、秋田県内の4カ所だけで風力発電の規模が100MWを超える。

eurus3_sj.jpg 図3 秋田県で運転中の「田代平風力発電所」(左)と「西目ウインドファーム」(右)。出典:ユーラスエナジーホールディングス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.