連載
» 2014年08月04日 10時30分 UPDATE

全国でんき予報2014夏:8月4日(月)−東京で14時台に需給率93.6%

東日本は晴天で気温が高く、一方で西日本は雨で気温は低めだ。東京では最高気温が35度前後まで上がり、14時台に今夏で最大の電力需要を記録する。供給力も引き上げるが、需給率は93.6%に達する。北陸でも14時台に92.3%まで上昇する見通しだ。その他の地域は80%台で安定している。

[スマートジャパン]

 東京は先週後半から一段と暑さが増して、8月4日(月)も朝から冷房需要が高くなっている。14時台の最大電力は4920万kWに達する見込みで、1日(金)の4738万kWを200万kW近くも上回って今夏で最大になる。供給力を5256万kWまで増やすが、需給率は93.6%まで上昇する。それでも東京の8月の供給力は最大で5669万kW、西日本に融通する場合でも5612万kWを確保できる予定で、まだ350万kW以上の余裕がある。

 これに対して北陸は8月の最大供給力570万kWを上回る状態にあって、4日の需給率は14時台に92.3%になる。すでに最大電力が当初予想の548万kWに近づいているためで、8月後半に向けて節電対策の強化を早めに検討する必要がありそうだ。

Forecast_Aug_4_sj.jpg 8月4日の需給予測(各電力会社がWebサイトに掲載したデータから)

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.