ニュース
» 2014年11月12日 13時00分 UPDATE

電力供給サービス:東京電力の「接続入札」に251件の応募、群馬県の北部で送電設備の増強工事へ

東京電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続容量が限界に近づいている群馬県の北部を対象に、送電設備の増強工事費を共同で負担する事業者を入札方式で募集していた。その応募数が251件にのぼり、接続対象になる発電設備の容量は募集規模を上回る33万kWに達した。

[石田雅也,スマートジャパン]

 東京電力の管内でも一部の地域では、再生可能エネルギーによる発電設備の接続を4月から保留している。特に群馬県の北部では送電設備の容量が3月までの申し込みで限界に達して、送電設備の増強工事が不可欠な状態だ。工事費は接続を申し込む発電事業者が負担することになっていて、8月1日から9月1日まで入札方式で希望者を募集した(図1)。

toden_gunma2_sj.jpg 図1 入札の募集対象になった群馬県の北部地域。出典:東京電力

 入札にあたっては発電設備の容量1kWあたりで1万3500円以上(募集エリアI)か1000円以上(募集エリアII)の工事費を負担する必要がある(図2)。それでも応募数は251件にのぼり、発電設備の建設計画が数多く存在することが明らかになった。251件の発電設備の容量を合計すると約33万kWになり、募集規模の31万kWを上回った。平均の設備容量は1.3MW(メガワット)である。

toden_gunma1_sj.jpg
toden_gunma4_sj.jpg 図2 募集エリアと募集規模(上)、入札条件(下)。出典:東京電力

 東京電力は応募内容をもとに接続を検討したうえで、入札金額の高い順に接続対象の発電設備を決定する。応募した事業者には11月末をめどに結果を通知した後、接続に必要な契約の手続きを2015年3月から開始する予定だ(図3)。入札に応募しなかった発電設備の接続検討は募集プロセスが完了する2015年度に入ってからになる。

toden_gunma3_sj.jpg 図3 入札募集プロセス(画像をクリックすると拡大)。出典:東京電力

 群馬県のほかにも東京電力の管内では栃木・茨城・千葉・山梨の4県におよぶ一部の地域で送電容量が不足していて、発電設備の接続を保留している状況にある。東京電力は群馬県の北部で先行して実施した入札の結果をもとに、他のエリアにも入札方式の募集を拡大していく見通しだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.