ニュース
» 2015年03月17日 15時00分 UPDATE

電気自動車:24時間無償で電気自動車に急速充電、さいたま市の企業が提供

カルソニックカンセイは2015年3月、「ワークプレース・チャージング」を目的として、さいたま市北区にある開発センター・本社へ、無償で利用できる電気自動車用の急速充電器を設置した。ワークプレース・チャージングとは、従業員や来訪者、近隣住民が利用できるよう、企業の社屋や工場に充電器を設置することをいう。

[畑陽一郎,スマートジャパン]
yh20150317calsonick_map_250px.png 図1 埼玉県北区と充電器設置位置

 カルソニックカンセイは2015年3月16日、「ワークプレース・チャージング」を目的として、開発センター・本社(さいたま市北区日進町)へ、無償で利用できる電気自動車用の急速充電器を設置、充電可能とした(図1、図2)*1)

 ワークプレース・チャージングとは、従業員や来訪者、近隣住民が利用できるよう、企業の社屋や工場に充電器を設置すること。

*1) 日産自動車が展開する電気自動車通勤奨励プロジェクト(ワークプレース・チャージング)の設置支援を一部受けた。

yh20150317calsonick_EV2_586px.jpg 図2 急速充電器を利用している電気自動車 出典:カルソニックカンセイ

 同社は2014年4月、やはりワークプレース・チャージングを目指して、無償で利用できる急速充電器1基を今回と同じ敷地内に設置している。「2014年の取り組みでは、守衛所の内側、企業のセキュリティスペースに急速充電器を設置していた。そのため、社員や来訪者だけが利用できる形であり、利用時間も当社の営業時間中に限られていた」(カルソニックカンセイ)。

 今回の取り組みでは、道路に面した正門の外側に設備を置いたため、24時間の利用が可能(図3)。事前登録なども必要ない。「充電中の電気自動車を待つための停車スペースも用意した」(同社)。ワークプレース・チャージングの理想に一歩近づいた形である。

yh20150317calsonick_EV1_583px.jpg 図3 道路に面した位置に施設を設置した 出典:カルソニックカンセイ

テーマ別記事一覧

 電気自動車   都市・地域 


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.