ニュース
» 2015年04月15日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:岩手県南西部の工業団地にメガソーラー、約10億円を投じて出力3MW

清水建設が岩手県南西部に位置する北上市に建設した出力3MWのメガソーラープラント「北上太陽光発電所」が発電を開始した。発電した電力は今後20年間にわたり全て東北電力に36円/kWhで売電する計画だ。

[長町基,スマートジャパン]

 清水建設が岩手県南西部に位置する北上市に建設した出力3MW(パネル出力3.7MW)のメガソーラープラント「北上太陽光発電所」が、2015年4月から発電を開始した(図1)。同発電所は清水建設が100%出資する北上太陽光発電が施設運営を行っている。第一、第二の2つの発電所から構成され、このうち第一発電所の一部が発電(700kW分)を開始した。今後、順次稼働範囲を拡大していく予定だ。

rk_150415_shimizu01.jpg 図1 岩手県北上市に建設された「北上太陽光発電所」出典:清水建設

 北上太陽光発電所は、北上市南部工業団地内に位置する約6万平方メートルの土地に建設された。投資金額は約10億円で、2014年6月に着工、建設工期は7カ月。発電した電力は、今後20年間にわたり全て東北電力に36円/kWhで売電する計画となっている。

 清水建設は2014年4月に兵庫県赤穂市に位置する西浜工業団地内の16万平方メートルの土地に、約35億円を投じて「赤穂太陽光発電所」を建設している。同発電所の出力は10MW(パネル出力12MW)で、発電全量は全て関西電力に売電している。北上太陽光発電所は赤穂太陽光発電所に続く2カ所目のメガソーラープラントであり、清水建設では「条件の合う適当な土地があれば取り組んでいきたい」と発電事業に積極的な姿勢をみせている。

 同社ではメガソーラープラント以外にも、陸上・洋上での風力発電、地熱発電などの再生可能エネルギー関連施設の受注をはじめとした事業の拡大を推進している。風力発電では「福島復興・浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」(福島県)、「佐田岬風力発電所」(愛媛県)、「八竜風力発電所」(秋田県)、「宗谷岬ウィンドファーム」(北海道)などがある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.