ニュース
» 2015年06月04日 07時00分 UPDATE

省エネ機器:窓に貼るだけで照明電力を4割削減、液晶技術を活用したシャープの「採光フィルム」

シャープは液晶ディスプレイ開発で培った光学制御技術を応用した「採光フィルム」を開発した。オフィスの窓の上部に設置することで、太陽光などの外光を効率的に天井方向に取り込める。室内照明を使わずに室内を明るくできるため、照明電力の削減につながるという。

[長町基,スマートジャパン]

 窓から外光を直接取り入れると、季節や天候、時間帯によってはまぶしすぎる場合があるため、カーテンやブラインドなどにより遮光するのが一般的だ。しかし遮光したことで暗くなった室内を、蛍光灯やLED照明などで明るくしなければならないケースが多い。そのためオフィスにおける電力使用量の中で照明用電力は高い割合を占めている。

 シャープが開発した「採光フィルム」は、同社が液晶ディスプレイの開発で培った光学制御技術を応用したもので、オフィスの窓に設置すればこうした照明用電力を削減して、オフィスの省エネ化に貢献できるという(図1)。

rk_150604_nagamachi01.jpg 図1 シャープが開発した「採光フィルム」出典:シャープ

 採光フィルムには太陽の年周運動・日周運動を考慮した高度な光学設計に基づくシャープ独自の技術を用いている。表面に微細加工を施すことで、フィルムの片側からさまざまな角度で入る光を、反対側から一定の角度で出すことが可能だ。このフィルムをオフィスなどの窓ガラスの上部に設置することで、季節や時間帯に応じて変化する入射角度にかかわらず太陽光を効率的に天井方向に取り込める。これにより不快なグレア(まぶしさ)を抑えつつ、外部から取り込んだ自然光を天井などに反射させ、間接照明の役割を担わせることが可能となる(図2)。

rk_150604_nagamachi02.jpg 図2 採光フィルムの仕組みとオフィスへの設置イメージ(クリックで拡大) 出典:シャープ

 シャープが行った検証ではこの採光フィルムを設置することで、年間で約4割の照明用電力を削減できるほどの採光が得られたという(図2)。同社は既にこの採光フィルムをサッシに納めた「自然採光システム」を「ヒューリック虎ノ門ビル(東京都港区)」に導入している。今後はオフィスビル、学校、病院、コンビニエンスストアなどをターゲットに建材メーカーなどとの協力体制も視野に入れなから、販売体制を構築する方針だ。

 資源エネルギー庁が発表している平均的なオフィスビルにおける用途別電力消費比率をみると、ピーク時の14時前後における照明電力の割合は全体の24%で、空調の48%に次ぐ高い割合を示している。それだけに照明の電力消費量を抑えることは建物全体の省エネ、節電に大きく貢献することにつながる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.