連載
» 2015年07月24日 13時00分 UPDATE

化石燃料に依存する日本の電力事情(3):LNGの輸入量が4年間に25%増加、近隣のアジア大洋州から半分以上 (1/3)

日本が輸入する化石燃料の中で大きく伸びているのはLNGだ。最近の4年間に輸入量が25%も増加した。輸入先のトップはオーストラリアで、次いでマレーシアが多い。日本から近いアジア大洋州が過半数を占める一方、中東は3割以下にとどまる。地政学の点でも石油より有利である。

[石田雅也,スマートジャパン]

第2回:「電気料金が4年間で25%も値上がり、それでも1980年代より安い」

 3種類の化石燃料の輸入量を見比べてみると、日本のエネルギーの方向性がわかる。過去15年間にわたってLNG(液化天然ガス)だけが一貫して増えてきた(図1の上)。特に直近の2011〜2014年度の4年間に25%も伸びている。石炭も増加傾向にあるが、年によって増減がある(図1の中)。一方で石油の輸入量は15年間に20%も縮小した(図1の下)。

kaseki2_2_sj.jpg
kaseki2_3_sj.jpg
kaseki2_1_sj.jpg 図1 化石燃料の輸入量。LNG(上)、石炭(中)、原油(下)。出典:資源エネルギー庁(財務省の資料をもとに作成)

 石油を大量に消費する自動車産業の動向からも、こうした傾向が続くことは確実だ。これから国を挙げて取り組む燃料電池の分野では、燃料になる水素は天然ガスから製造する方法が主流になっている。水素エネルギーが拡大する東京オリンピック・パラリンピック以降の2020年代に向けてLNGの需要は増えていく。

 日本のエネルギー戦略で極めて重要な役割を担うLNGだが、消費量の98%を輸入に頼らざるを得ないのが現状だ。長期にわたって安定供給を維持できるかが大きな課題で、世界各国の天然ガスの生産量によって影響を受ける。

 今のところ輸入先はアジア大洋州(オセアニア)に多く、日本から近いために輸送コストは安く済む。最大の輸入先はオーストラリアで、全体の21%にのぼる(図2)。そのほかにマレーシア、インドネシア、ブルネイを加えたアジア大洋州の4カ国で51%に達する。地政学の点でリスクがある中東からの輸入量は3割弱にとどまっている。

kaseki2_6_sj.jpg 図2 日本のLNGの輸入先(2013年度)。出典:資源エネルギー庁(財務省の資料をもとに作成)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.