ニュース
» 2015年09月08日 11時00分 UPDATE

太陽光:企業の事業地内にメガソーラーを併設、出力12MWで3600世帯分の電力に

太陽光発電事業に注力しているデンケンは、山口県防府市にある協和発酵バイオの事業地内に出力12MWのメガソーラー「ソーラーファーム防府」を建設する。完成は2016年9月を予定しており、発電した電力は中国電力に売電する計画だ。

[長町基,スマートジャパン]

 半導体・太陽電池などの検査装置を取り扱うデンケン(大分県由布市)は、2015年10月から山口県防府市で出力12MW(メガワット)のメガソーラー「ソーラーファーム防府」の建設に着手する。同発電所は太陽光パネルを約4万5000枚を設置し、発電規模は一般家庭約3600世帯相当の電力消費量に相当する見込みだ。

 建設場所は協和発酵バイオ山口事業所の防府敷地内で、事業面積は約15万平方メートル。完成は2016年9月を予定している。投資額は約30億円で、発電した電力は中国電力に販売する計画だ。

 国内の太陽光発電普及率は、2012年7月にスタートした再生可能エネルギー特別措置法の固定価格買取制度(FIT)により年々高まってきた。こうした市場環境の中、デンケンは2012年にメガソーラー事業に参入。2013年には大分県由布市の本社工場敷地内に発電規模1.2MWを有する「ソーラーファーム由布」を建設し6月に運転を開始した(図1)。

rk_150907_denken01.jpg 図1 現在稼働中の「ソーラーファーム防府」の外観 出典:デンケン

 以降同社は山口県宇部市や熊本県阿蘇市などを中心にメガソーラーの建設を進めてきた。2015年5月からは協和発酵バイオ山口事業所宇部敷地に建設した発電規模1.2MWの「ソーラーファーム宇部」が運転を開始するなど、国内19カ所でメガソーラーを運営している。現在までに稼働した(発表した)太陽光発電所の合計出力は16MWで、今回建設を発表した出力12MWのソーラーファーム防府は、デンケンの手掛けるメガソーラーの中でも最大規模の施設となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.