ニュース
» 2015年10月05日 09時00分 UPDATE

電力供給サービス:電力とガスの越境タッグが始動、東北電力と東京ガスの新会社

東北電力と東京ガスは、関東圏における電力小売事業を行う新会社「シナジアパワー」を設立した。まずは高圧・特別高圧向けで関東への電力販売を開始する。

[三島一孝,スマートジャパン]

 電力会社とガス会社のタッグがいよいよ始動する。東北電力と東京ガスは2015年10月1日に電力小売事業を展開する新会社「シナジアパワー」を設立したことを発表した。

 新会社シナジアパワーは、東京都台東区に本社を置き、設立時資本は9.9億円。同年7月30日に小売事業会社設立に合意してから準備を進めてきていた(関連記事)。

 両社は、電力小売の全面自由化に向けそれぞれが持つ事業ノウハウと競争力のある電源、販売チャネルを活用していく方針。新会社を通じて、2016年4月から北関東を中心に関東圏の高圧・特別高圧向けで電力販売を行う。高圧・特別高圧などの企業・業務用途では、既に電力も都市ガスも小売は自由化されているため、セット販売などが可能となる(関連記事)。

 電力小売の完全自由化に対しては、異業種の連携や越境参入に大きな注目が集まっている。異業種連携では、特に同じインフラ産業である電力とガスの組み合わせが注目されている。実際に電力システム改革小委員会による国民意識調査では「電気とガスや水道のセット販売による割引メニュー」に対し「興味がある」と「やや興味がある」の合計は56.4%に達している(図1)。

photo 図1 興味があるセット販売やサービス(クリックで拡大)※出典:電力システム改革小委員会第6回制度設計WG「小売自由化に関する国民意識調査の結果概要について」

 一方、越境参入については、特に最大の市場である関東圏の切り崩しに大きな注目が集まっている(図2)。

photo 図2 自由化される電力市場規模と契約数(クリックで拡大)※出典:資源エネルギー庁資料から日本ユニシスが作成

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.