ニュース
» 2015年10月05日 15時00分 UPDATE

自然エネルギー:再生可能エネルギー10万kWへ、関西電力がメガソーラーを運転開始 (1/2)

関西電力グループで最大のメガソーラーが和歌山県で運転を開始した。発電能力は約3万kWで、年間に8600世帯分の電力を供給することができる。関西電力は太陽光発電を中心にグループの再生可能エネルギーを10万kWに拡大させる計画で、運転を開始した発電設備の規模は9割まで到達した。

[石田雅也,スマートジャパン]
kanden_arita1_sj.jpg 図1 「有田太陽光発電所」の全景。出典:関西電力、関電エネルギーソリューション

 10月1日に運転を開始した「有田太陽光発電所」は関西電力グループが開発した5番目のメガソーラーである(図1)。発電能力は29.7MW(メガワット=1000キロワット)に達して、グループが所有する太陽光発電所では最大の規模になった。

 年間の発電量は3100万kWh(キロワット時)を見込んでいる。一般家庭の電力使用量(年間3600kWh)に換算して8600世帯分に相当する。グループ会社の関電エネルギーソリューションが運営して、発電した電力は固定価格買取制度を通じて関西電力が買い取る。

 このメガソーラーは和歌山県の有田市にある臨海工業地帯の一角に建設した(図2)。石油会社大手の東燃ゼネラル石油が貯油所に隣接して保有する45万平方メートルの遊休地だ。東燃ゼネラル石油は土地の提供に加えて、発電設備の点検も担当することになっている。

kanden_arita3_sj.jpg 図2 「有田太陽光発電所」の所在地。出典:関西電力、関電エネルギーソリューション

 関西電力は2012年11月に電気料金の値上げを申請するにあたり、経営の効率化に取り組むことを宣言した。その中で地域社会の要請にこたえて再生可能エネルギーの導入量を拡大する目標を掲げた。グループ全体で10万kW(キロワット)を目指して開発を進めている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.