ニュース
» 2015年10月07日 07時00分 UPDATE

電力供給サービス:東京電力が提携したニチガスの競争力、関東の100万顧客とITシステム (2/2)

[石田雅也,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

クラウド方式の業務システムを全国展開

 東京電力が提携したニチガスはIT(情報技術)を積極的に活用して、エネルギー業界の中でも先進的な業務システムを構築している。プロパンガスの配送から検針・保守までの業務をITシステムで一貫処理できるようになっていて、システム全体をデータセンターとネットワークを組み合わせたクラウド方式で運用する(図4)。それぞれの業務の現場ではスマートフォンからデータの入力などが可能だ。

toden_nichigas8_sj.jpg 図4 ニチガスの業務システム「雲の宇宙船」の概要と効果(画像をクリックすると拡大)。出典:日本瓦斯

 ニチガスはクラウド方式のシステムを「雲の宇宙船」と命名して全国に展開していく。全国のガス事業者にシステムを提供して連携を進めるのと同時に、電力や水道などの業務にも応用して提携範囲の拡大に生かす(図5)。

toden_nichigas9_sj.jpg 図5 「雲の宇宙船」を中核にしたエネルギー事業展開。出典:日本瓦斯

 さらに海外の電力・ガス事業者とも提携して最先端のノウハウや技術を取得しながら、大変革期を迎えたエネルギー市場でITを駆使して事業拡大を目指す。東京電力と提携して開始する電力とガスのセット販売にも、雲の宇宙船を利用して効率的な顧客サービスを提供することができる。

 東京電力も電力とガスを組み合わせた総合エネルギーサービスを全国に展開する方針だ(図6)。雲の宇宙船をITシステムに利用することができれば、サービスエリアを拡大しやすくなる。迅速で効率的な顧客サービスを求められる小売全面自由化に向けて、ITシステムの優劣がエネルギー事業者の競争力を大きく左右する。

toden_nichigas1_sj.jpg 図6 東京電力の小売事業の拡大戦略。出典:東京電力
前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.