ニュース
» 2015年10月23日 11時00分 UPDATE

太陽光:名古屋港の廃棄物処理場に9MW出力のメガソーラーが完成

シーテックが名古屋港管理組合保有の廃棄物処理場に建設を進めていたメガソーラーが完成した。

[長町基,スマートジャパン]

 中部電力グループのシーテックが名古屋港管理組合保有の名古屋港南5区にある廃棄物処理場に建設を進めていたメガソーラー「ソーラーパーク新舞子」がこのほど完成した(図1)。

photo 図1 ソーラーパーク新舞子の様子 出典:シーテック

 施設地の敷地面積は約21万7000平方メートル。計画出力は太陽電池パネル(三菱電機製)出力(直流)が約1万2855キロワット(kW、パネル枚数約4万8328枚)で、パワーコンディショナー(東芝三菱電機産業システム製)出力(交流)は9020kWで、年間約1500万kWh(キロワット時、一般家庭の約4000世帯分の年間消費電力量に相当)の発電量を想定している。発電事業期間は運転開始から20年間(平成2035年9月まで)としている(図2)。

photo 図2 ソーラーパーク新舞子の建設場所 出典:名古屋港管理組合

 また、メガソーラー稼働に合わせて、地元CATVコミュニティチャンネルを活用した情報発信、新舞子マリンパーク歩道橋上にLED照明付き紹介パネルの設置、新舞子マリンパーク管理棟内に発電量の表示装置の設置、「名古屋みなと祭」などへ協賛、災害時における電力を無償提供など、の地域活性化事業も展開する。

 名古屋港管理組合では長期構想「名古屋港の針路」で、環境にやさしい港を目指す中、自然を生かした新エネルギー活用や新エネルギービジネスの立地を促進し、地球温暖化防止に貢献することを目指している。ソーラーパーク新舞子はその取り組みの一つとして2014年4月に工事が開始されていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.