ニュース
» 2016年01月25日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:水上式のメガソーラーで世界最大、ダムの水面に5万枚の太陽光パネル (1/2)

千葉県にある工業用水の専用ダムで世界最大の水上式メガソーラーの建設が始まった。18万平方メートルの水面に5万1000枚の太陽光パネルを浮かべて、1年間に4500世帯分の電力を供給する。京セラグループが建設・運営して、千葉県には水面の使用料などで年間に約3000万円が入る。

[石田雅也,スマートジャパン]

 水上式のメガソーラーは千葉県が運営する「山倉ダム」に建設する。このダムは東京湾岸の工業地帯から5キロメートルほどの距離にあり、川から流れる水を貯めて工業用水を供給する役割だ。水上の左半分には緑に囲まれた土地が広がり、県が運営する「千葉こどもの国キッズダム」というテーマパークがある。

 テーマパークに隣接する水上の右半分に、世界最大の水上式メガソーラーを建設する計画だ(図1)。18万平方メートルの水面と1.5万平方メートルの陸上部分を利用する。太陽光発電事業会社の京セラTCLソーラーが水面と用地を千葉県から賃借して、2015年12月に工事を着手した。運転開始は2017年度内を予定している。

chiba_float1_sj.jpg 図1 「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の完成イメージ(画像をクリックすると拡大)。出典:京セラTCLソーラーほか

 水面に浮かべる太陽光パネルの数は合計で5万1000枚にのぼる。ポリエチレン製の軽量の架台(フロート)を組んで、その上にパネルを設置する方式だ(図2)。発電能力は13.4MW(メガワット)になり、年間の発電量は1600万kWh(キロワット時)を想定している。一般家庭の使用量(年間3600kWh)に換算して4500世帯分の電力に相当する。発電した電力は固定価格買取制度で東京電力に売電することが決まっている。

chiba_float4_sj.jpg 図2 太陽光パネルを水上に設置する方法(兵庫県の水上式メガソーラーで実施した例)。出典:京セラ

 京セラTCLソーラーが千葉県の公募を通じて事業者に確定したのは2014年11月である。2014年度の買取価格(32円、税抜き)を適用すると、年間の売電収入は約5億円になる見通しだ。一方で千葉県はダムの水面と陸上部分の使用許可に伴う納付金として年間に2170万円、さらに行政資産の使用料として年間に約1000万円を受け取る。合わせて3000万円以上の収入を得ることになる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.