ニュース
» 2016年04月12日 15時00分 UPDATE

エネルギー管理:節電要請に応えるとポイントを付与、地域経済の活性化と電力削減を両立

地域情報サイト「まいぷれ」を運営するフューチャーリンクネットワーク(千葉県船橋市)は、関連企業のまいぷれwithYOU(兵庫県尼崎市)と共同で、尼崎市内限定の地域通貨ポイント「まいぷれポイント(ZUTTO・ECOまいポ)」サービスの運用を開始する。地域商店での買い物で利用可能な共通ポイントをデマンドレスポンス(節電要請)に活用することで、地域経済活性化と電力削減の両立を図ることが狙いだ。

[長町基,スマートジャパン]

 フューチャーリンクネットワーク(千葉県船橋市、以下、FLN)とまいぷれwithYOU(兵庫県尼崎市)は尼崎市内限定の地域通貨ポイントサービス「まいぷれポイント(ZUTTO・ECOまいポ)」を開始する。この事業は、尼崎市が進める「尼崎版スマートコミュニティ」に認定されており、特定の自治体全域で省エネ・地域活性化の取り組みを行うのは日本初の試みとなる。

 同事業は、尼崎市内の加盟店でためて使うことができるZUTTO・ECOまいポの導入により、地域経済活性化と電力削減の両立を目指す。電力使用がピークを迎える時間帯に尼崎市域の人々に対してデマンドレスポンス(節電要請)を行い、この際にまいぷれポイント加盟店に出かけて買い物をした人には、通常時の2倍のポイントを付与する。節電のためにエアコンを切って外出し、たまったポイントを地域商店で利用することによって、尼崎市域の方々が地域活性化と省エネのどちらにも貢献できる仕組みを提供する(図1)。

rk_160410_tsuuka01.jpg 図1 事業のイメージ 出典:FLN

 夏の昼間や冬の夜間などの電力使用がピークになる時間帯において、家庭の電気使用量の半分以上はエアコンが占めている。そこでこのようしたポイントによるインセンティブの付与を活用して商業施設や公共施設に出かけるよう促し、エアコンの使用時間を減らして電力消費の削減を図るという運動は環境省も推進している(環境省報道発表資料『平成26年度クールシェアについて』から)。

 同事業を実施する尼崎市では「快適で暮らしやすい低炭素まちづくり」を推進している。再生可能エネルギーの活動やエネルギー消費を最小限に抑えるスマートコミュニティの構築と、市内経済の活性化につながる仕組みについて公募を行い、今回の「ZUTTO・ECOまいポ導入による持続可能な省エネ・地域活性化の取組み」が認定された。

 節電への協力によるポイントの付与は、2016年の夏季(7月〜9月)と冬季(12月〜2月)に行う予定だ。なお、これにまいぷれwithYouは2016年4月1日から尼崎市内でのポイントサービスの運用を開始した。 地域通貨ポイントの利用可能店舗はまいぷれwithYOUが開拓し、加盟店舗の運用サポートやポイント精算・端末管理などの事務局業務を担当する。FLNは他地域でも運営している地域通貨ポイントまいぷれポイントサービスの運営ノウハウをまいぷれwithYOUに提供し、2社の協働で尼崎市版「まいぷれポイント」サービスの運営を行う。現在50店舗がポイントサービスに加盟しており、2社では今後も利用できる店舗を増やしていく方針だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.