ニュース
» 2016年04月14日 13時00分 UPDATE

太陽光:町道の下を埋設配管で結ぶメガソーラー、山口県平生町で稼働

協和エクシオは、山口県に建設したメガソーラー「エクシオ平生ソーラーファーム」が稼働したことを発表した。

[長町基,スマートジャパン]

 新たなメガソーラーである「エクシオ平生ソーラーファーム」は、協和エクシオが賃借した約1万7500平方メートルの敷地内に2015年9月に着工したもの。約4700枚の太陽電池モジュール(単結晶型)を設置し、出力は約1250kW(キロワット)、年間発電量は一般家庭の約300世帯に相当する年間約162万kWh(キロワット時)を見込んでいる。運用期間は2036年11月まで。

 同施設は敷地が町道と建物を挟んで2つに分かれているため、パワーコンディショナを設置していない側の敷地からの配線に関しては、町道を一部賃借し、埋設配管・配線で対応している。また、施設は湾に近い位置にあるため、塩害対策を施した架台およびコンクリート基礎を採用するとともに、湾からの風の影響を考慮し、架台の高さを極力抑えた設計を採用した。

 協和エクシオは環境事業の一環として、太陽光発電システムの設計から施工、運用システムの構築に至るまでの設備設置工事、さらには再生可能エネルギーの固定価格買取制度による売電を実施する発電事業にも注力している。

 協和エクシオの発電事業は、2012年11月の「府中総合技術センタ」(東京都府中市)での稼働開始を皮切りに、現在はメガソーラー発電施設7カ所を含む全国11カ所で稼働しており、「エクシオ平生ソーラーファーム」は全国で12カ所目、メガソーラー発電施設では8カ所目の施設となる。

photo 図 エクシオ平生ソーラーファーム完成 出典:協和エクシオ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.