ニュース
» 2016年07月22日 06時00分 UPDATE

省エネビル:ビル群に「仮想発電所」を構築、CO2排出量を40〜60%削減へ (1/2)

竹中工務店は東京本店を含む既築ビル群を対象に、最新のエネルギー技術を駆使した「仮想発電所」を構築する。太陽光発電などによるエネルギーの創出に加えて、独自開発のシステムを導入してビル群を1つの発電所のように制御する試みだ。脱炭素社会に向けたモデルタウンづくりを目指す。

[石田雅也,スマートジャパン]
図1 竹中工務店の東京本店ビル。出典:竹中工務店

 「竹中脱炭素モデルタウン」の第1弾のプロジェクトが始まる。湾岸地区にある竹中工務店の東京本店ビル(図1、地上7階建て)を中心にモデルタウンづくりを進める計画で、今秋から実証に取り組む。

 脱炭素モデルタウンは地域のビル群が排出するCO2(二酸化炭素)を削減することが目的だ。CO2の大半は電力などエネルギーの消費に伴うもので、省エネルギー・蓄エネルギー・創エネルギーの最新技術を組み合わせて低炭素化を図る。

 プロジェクトの最大の特徴は「VPP(バーチャルパワープラント)」を構築する点にある。VPPは地域で生み出すエネルギーを活用しながら、仮想の発電所を形成して電力や熱を地域内に供給する仕組みだ(図2)。電力会社から購入する電力量を減らすことによってCO2の排出量を削減する。

図2 「竹中脱炭素モデルタウン」のエネルギーマネジメント。VPP:バーチャルパワープラント、MSEG:マルチソースエネルギーゲートウエイ、PCS:パワーコンディショニングシステム。出典:竹中工務店

 VPPを構築する中核の技術には、竹中工務店が独自に開発したエネルギーマネジメントシステムの「I.SEM(アイセム)」を利用する。このシステムはビル内で消費するエネルギーの需要を予測したうえで、空調設備や照明設備の運転状態を制御して、エネルギーの需給バランスを最適化することができる(図3)。

図3 エネルギーマネジメントシステム「I.SEM」の構成。DR:デマンドレスポンス、MSEG:マルチソースエネルギーゲートウエイ、PCS:パワーコンディショニングシステム。出典:竹中工務店
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

展示会/注目テーマ