ニュース
» 2017年02月01日 06時00分 UPDATE

情報化施工:地中管を素早く探査、パイプロケーターに11年ぶり新製品

大阪ガスは地中に埋設されたガス管などの位置を探査できる「パイプロケーター」の新製品を11年ぶりに発売した。センサーコイルの追加により探査精度を高めた他、探査したい管のみの検出を可能にするなど改良を図った。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 大阪ガスはフジテコムと共同で、地中に埋設されたガス管などの位置を探査できる「パイプロケーター」の新製品「PL-X」を開発した。2017年2月1日からフジテコムと大阪ガスエンジニアリングが販売を開始している。価格は税別98万円。

 パイプロケーターは道路工事などの際に、地中に埋設されたガス管や水道管、電力線、通信線の位置を、地上から磁気を用いて確認・特定し、掘削による埋設管などの破損を未然に防ぐ機器。2005年に発売した「PL-1000」以来、11年ぶりの新製品となる。

新製品の「PL-X」(クリックで拡大) 出典:大阪ガス

 パイプロケーターは埋設管に電流を流し、その電流によって発生する磁界の強度から深さや位置を測定する。新製品では水平方向の磁界を測定するセンサーコイルに加え、上下方向の磁界を測定できるセンサーコイルも搭載した。これにより分岐や曲がり箇所を含め、探査精度の向上を高めた。

 従来は近くに他の管が埋設されている場合、探査したい管へ流した電流が他の管へ移ることで発生する磁界も検出してしまうことがあった。新製品では、探査したい管の磁界と誘導磁界が逆位相であるという性質に着目し、誘導磁界を除去する機能を搭載。探査したい管のみの検出を可能にした。この他、埋設管に電流を流す送信器と、地表で磁界を測定する受信器が離れていても、受信機側から遠隔で設定変更を行えるよう改良した。

パイプロケーターの探査方法(クリックで拡大) 出典:大阪ガス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

展示会/注目テーマ