ニュース
» 2017年02月09日 06時00分 UPDATE

情報化施工:標定点の設置を不要に、ドローン測量をさらに効率化

「i-Construction」などの進展とともに建設現場での測量に活用されはじめているドローン。光学機器メーカーのトプコンはドローンを活用した空中写真測量を、標定点を設置せずに行えるシステムを開発した。標定点の設置が不要になることで、作業効率の向上に貢献できるという。

[長町基,BUILT]

 光学機器メーカーのトプコン(東京都板橋区)は、測量機器を活用してドローンを自動追尾することで標定点(基準点)の設置を不要にし、空中写真測量の大幅な省力化を実現するシステムを開発したと発表した。

 国土交通省は「生産性革命プロジェクト」のもと、建設現場の生産性や品質、安全性の向上を目指し、3次元データの活用やICT建機による自動化施工など「i-Construction」の義務化を進めている。これに伴い、「i-Construction」仕様の土木工事で、さまざまな測量作業でドローン(無人航空機)の活用が進んでいる。

 ドローンによる空中写真測量では、空中から撮影した写真を解析することで、工事現場の地形を3次元モデル化することが容易だ。しかし、従来の方法では、撮影するカメラの3次元位置を測定するために多数の標定点を地上に設置して写真に写しこむ必要があった。

 標定点とは、撮影時のカメラの位置や姿勢、隣り合う写真の相互関係、写真と撮影地域の3次元座標系との対応を求めるために用いる、地上に設置した基準点のこと。この標定点を設置する作業はノウハウや経験を要するだけでなく、工事の進捗(しんちょく)とともに設置や撤去を繰り返し行う必要があり、作業効率の点で大きな課題となっている。

 今回トプコンは、同社の自動追尾型のトータルステーションを活用してドローンの飛行経路を追尾することで、この標定点を設置することなく、撮影カメラの精密な3次元位置を測定する「世界初(同社調べ)」のシステムを開発した。標定点の設置が不要になり、ドローン測量において大幅な省力化に貢献できるという。同社ではi-Constructionの普及を加速させることに貢献できるシステムとして期待しており、今後製品化を進める方針だ。

開発したシステムのイメージ(クリックで拡大) 出典:トプコン

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.