ニュース
» 2017年04月11日 06時00分 UPDATE

BIM/CAD:Revitと「ST-Bridge」が連携、構造データのBIM活用を円滑に

オートデスクのBIMソフト「Revit」の最新版が「ST-Bridge」形式のファイルに対応した。アドオンアプリケーション「ST-Bridge Link 2017」を利用することで、変換ツールを使用せずに日本仕様の一貫構造計算データをRevitのBIM環境で利用できる。

[陰山遼将,BUILT]

 日本の建築構造分野で一貫構造計算プログラムの標準フォーマットとして利用されている「ST-Bridge」。オートデスクはST-Bridge形式のファイルと、同社のBIMソフト「Autodesk Revit 2017」の連携を行うアドオンアプリケーション「ST-Bridge Link 2017」の提供を2017年4月7日から開始した。サブスクリプション契約者向けとして、「Autodesk App Store」から提供する。

変換確認画面のイメージ(クリックで拡大)出典:オートデスク

 ST-Bridgeは、国際規格の中間ファイル形式であるIFCでは扱いにくい構造分野の情報を補うことを目的に、日本独自の標準データ形式として開発された。建築物の構造計算を行う一貫構造計算ソフトウェアで出力される項目に対応しており、現在では積算ソフトウェアや鉄骨専用CAD、鉄骨汎用CADなどの建築関連ソフトウェアでも入出力を行える。

 現在、建築物の構造計算は、設計事務所や建設会社が市販ソフトウェアや自社開発システムなどを使用して行っていることが一般的だ。だがこの場合、この計算結果をBIM環境で活用するために各ソフトウェア会社が独自に変換ツールを用意し、ユーザーがそれぞれのツールを導入する手間があった。また、構造設計担当者がIFCを利用する場合は、構造計算で得られる詳細な情報が一部含まれないため、十分なBIM連携が行えないという課題もある。

 そこでオートデスクではRevitと連携できるアドオンアプリケーションを提供することで、ST-Bridgeに対応する建築関連ソフトウェアから出力される断面のサイズ、材種、配筋本数、径、ピッチなどの部材定義や、部材の寄り、レベルといった配置情報などを含む建物情報を、Revitのモデルとして取り込めるようにした。

 この機能開発は、オートデスクがさまざまな企業と技術協力を行ってワークフロー連携を進める取り組みである「Integrated BIM」の一環で、buildingSMART Japan、Autodesk Revit User Group Japan、センクシアと共同で開発を行った。こうした共同開発によるメリットも機能に盛り込んでいる。

 各種構造ファミリ含む専用テンプレートを用意し、Revitに取り込みやすくした他、柱脚情報が含まれている場合には、センクシアの柱脚ファミリ168点を使用したインポートも行える。マッピングテーブルを編集することで、利用中のファミリにも対応可能だ。この変換に必要なパラメータセットが手元のファミリに存在しない場合は、パラメータ追加機能で一括追加も行えるようにしている。

 この他、部材の勝ち負け判定を自動で行う機能や、「RC 断面リスト作成 2017」や「S 断面リスト作成 2017」との連携性も拡充し、マッピングテーブルは全て統一した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

展示会/注目テーマ