ニュース
» 2017年04月14日 09時00分 UPDATE

スマートシティ:新潟県五泉市でスマートシティ計画、エネルギーの地産地消へ

新潟県五泉市でエネルギーの地産地消を目指したスマートシティ計画が進行中だ。ミライト・テクノロジーズと越後天然ガスが五泉市で実施した再生可能エネルギー利用の調査を行った。今後市と協力して太陽光発電やガスコージェネレーションシステムを活用したシステムの構築を検討する。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 新潟県下越地方に位置する五泉市で、再生可能エネルギーを活用したスマートシティ計画が進行中だ。ミライト・テクノロジーズと越後天然ガスが五泉市で実施した再生可能エネルギー利用の調査を行い、その検討結果をまとめた。都市ガスのCGSや太陽光発電、エネルギーマネジメントシステム(EMS)などの導入可能性を検討した。コスト面などでいくつかの課題が浮上したが、今後同市と共同で計画策定を視野に意見を交わし、プロジェクトの実現を目指す方針だ。

 この調査は2016年9月〜2017年2月に実施。新エネルギー導入促進協議会が公募していた「2016年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(構想普及支援事業)」の採択案件として実施した。

 調査の結果、地元産の都市ガスを利用したCGSや太陽光発電、排熱投入型の吸収式冷温水機、電気自動車などを導入し、これら全体を統合的に管理・運営するEMS導入の実現性が高いという調査結果を得た。CO2排出量の削減や、災害発生時の対応力向上も期待される。

 五泉市は阿賀野川と早出川が形成する扇状地に位置しており、水源が豊富な地域だ。人口密集地を中心に都市ガス導管網が整備されているが、再生可能エネルギーの導入量は少ない。だが、同時に行った再生可能エネルギーの導入ポテンシャル調査では、小水力発電や地中熱の活用が有望であるという結果も得られた。将来、採算性のある事業として展開できるレベルのポテンシャルがあると評価したという。

 こうした調査結果を基に、ミライト・テクノロジーズと越後天然ガスは具体的に2つの事業を考案している。1つ五泉市庁舎周辺にエネルギーセンターを設置し、EMSを活用してCGSの運転制御や監視を行いながら、周辺地域に熱電供給を行うというモデルだ。

計画するモデル事業のイメージ(クリックで拡大) 出典:ミライト・テクノロジーズ

 もう1つは避難所や公共施設にCGSや太陽光発電を導入し、EMSで管理を行う。災害時にはエネルギーセンターの余剰電力を活用して電気自動車の充電を行い、避難所に車両を移動させて電力を融通するという事業である。

 両社は今後、調査で明らかになったコスト面などの課題解決に取り組むとともに、五泉市と共同で計画策定を目指す方針だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.