ニュース
» 2017年06月28日 11時30分 UPDATE

自然エネルギー:食品廃棄物が1600世帯分の電力に、秋田市にバイオガス発電所

日立造船グループでバイオマス発電事業を行うナチュラルエナジージャパンは、秋田市にバイオガス発電所を建設した。市内で発生する食品廃棄物から作るバイオガスで発電し、一般家庭1600世帯分の発電量を見込んでいる。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 食品廃棄物から取り出したメタンガスを利用するバイオガス発電所が秋田市に完成した。日立造船グループでバイオマス発電事業を行うナチュラルエナジージャパンが建設した「秋田バイオガス発電所」だ。総事業費は30億円で、稼働は2017年8月下旬を予定している。

「秋田バイオガス発電所」の外観 出典:日立造船

 発電所では秋田市内のホテルや飲食店、食品加工会社、学校などから発生する事業系食品廃棄物をメタン発酵させてバイオガスを生成し、燃料として利用する。メタン発酵には日立造船が開発した「生ごみの無希釈二相循環式メタン発酵システム(WTMシステム)」を導入した。1日当たり50トンの食品廃棄物を処理できるという。

「生ごみの無希釈二相循環式メタン発酵システム」の概要 出典:日立造船

 発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して売電を行う。年間の発電量は一般家庭1600世帯分の年間電力消費量に相当する約523万kWh(キロワット時)を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.