ニュース
» 2017年10月30日 09時00分 公開

省エネ機器:エネルギー消費急増のデータセンター、AI技術で運用最適化へ

IoTやビッグデータ活用が進み、エネルギー消費量の増加が課題となっているデータセンター。ICT機器から設備まで含めた連携制御により、運用コストの削減を目指す。

[長町基,スマートジャパン]

 NTTデータと、NTTファシリティーズ、インテル、Future Facilitiesの4社は、NTTデータ所有の都内データセンターで、空調設備の省エネルギー化と運用高度化を目指した実証実験をこのほど開始した。実証実験で得られた成果は、現在、NTTデータが建設中の国内最大級規模のデータセンター「NTTDATA三鷹データセンターEAST」へ展開するとともに、同社が提供するアウトソーシングサービスに拡大する計画だ。

 近年、クラウドサービスの進展やIoT、人工知能技術などの利用拡大により、データセンターの消費エネルギーが急増しており、CO2排出量の削減や省エネルギー化の必要性が高まっている。これまでのデータセンターでは、システム運用などのICT機器の領域と、電源や空調などの設備(ファシリティ)の領域がそれぞれ独立して個別に最適な保守・運用を実施しているため、データセンター内のエアフロー阻害などに伴うホットスポット(熱だまり)の発生や過冷却によるエネルギー消費量の増加など、非効率な運用となっている例が少なくなかった。

 これらの課題解決のため、今回の実証実験ではデータセンターの空調運転制御に着目し、ICT機器から設備まで含めた連携制御による全体最適化を実現することで、品質向上やコスト低減(エネルギー・運用コスト)を図り、データセンタービジネスの競争力強化と環境負荷低減を目指す。

実証の概要 出典:NTTデータ

 具体的にはデータセンター内の温度センサーだけでなく、ICT機器もセンサーとして活用し、機器自体の温度やその他ビッグデータ(CPU使用率、電力使用量など)を取得。取得した情報をAI技術で解析し、データセンターの空調最適制御の実用化を検証する。実験期間は2017年10月下旬〜2018年3月下旬を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.