メディア
ニュース
» 2018年02月08日 06時00分 公開

検査・維持管理:ドローンが丸の内地下を自律飛行、インフラ点検の効率化に

三菱地所、丸の内熱供給、ブルーイノベーション、Liberawareは、東京丸の内エリアの熱プラント間を結ぶ地下トンネルで、自律飛行ドローンを用いた点検実験を実施した。

[松本貴志,BUILT]

人とドローンの協業で点検業務の効率化と質の向上に

 三菱地所、丸の内熱供給、ブルーイノベーション、Liberawareは、都市インフラの点検業務の効率化に向けて、オフィスビルの空調用エネルギーを供給する熱プラント間を結ぶ熱供給用洞道で自律飛行ドローンを用いた点検実験を実施したと発表した。

点検のイメージ 出典:三菱地所

 本実験は2018年2月6日に、丸の内一丁目センターと三菱信託ビルサブプラント間を結ぶ洞道で実施された。点検内容は、ドローンが自律飛行で洞道内を往復し、洞道内の様子を動画撮影するというもの。

実験場所 出典:三菱地所

 この洞道は通路の左右に冷熱配管が設置されており、通路幅が約60cmという狭小空間となる。さらにGPS信号が届かない地下空間のため、ドローンはGPS不使用で自己位置を推定しつつ自律飛行を行うといった、技術的難易度が高い実験だったとする。

 実験で使用された機体は、Liberawareが開発した約20cm幅の小型産業用ドローン。このドローンは、SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術を採用することで、自己位置推定と周囲環境の地図作成を同時に行うことができ、かつロバスト性に優れているために、洞道内という狭所においても安定に飛行できたという。

 同社らは今回の実験により、都市インフラの日常点検のさらなる効率化や、ドローンと人の分担点検による点検品質の向上が期待されるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

展示会/注目テーマ