「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年03月30日 09時00分 公開

電気自動車:EVの使用済みバッテリーを再利用、日産が交換サービス開始

日産自動車は、電気自動車の使用済みバッテリーを活用した有償交換プログラムの提供を開始する。まず、24kWhモデルを30万円で提供し、今後その他の容量についてもラインアップ拡充を図る。

[長町基,スマートジャパン]

 日産自動車は、電気自動車(EV)「日産リーフ」の使用済みバッテリーを再製品化し、バッテリーの有償交換プログラムを開始すると発表した。

バッテリーのイメージ(クリックで拡大) 出典:日産自動車

 まず、24kWh(キロワット時)モデルの再生バッテリーを30万円で提供し、今後その他の容量モデルについてもラインアップ拡充を図る。なお、新品バッテリーの有償交換は24kWhモデルが65万円、30kWhモデルが80万円、40kWhモデルが82万円となっている。

 同サービスは、同社と住友商事の合弁会社であるフォーアールエナジー(横浜市)が開発に取り組む使用済みバッテリーの再製品化技術を活用。使用済みバッテリーの2次利用により低価格でバッテリー交換を実現することで、顧客に新たな選択肢を提供できるとしている。

 EV市場の拡大により、今後使用済みバッテリーのさらなる増加が見込まれる中、同社は再生バッテリーを活用しEVのさらなる普及とCO2削減に取り組む方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.