ニュース
» 2018年05月24日 09時00分 公開

太陽光:太陽光パワコンを遠隔監視、日新電機がサービス提供

日新電機が太陽光発電用パワーコンディショナーの遠隔監視サービスの提供を開始。運転状況の把握や、故障時の早期普及による売電損失の低減をサポートする。

[長町基,スマートジャパン]

 日新電機(京都市)は、太陽光発電用パワーコンディショナー(PCS)の運用状況を遠隔から監視できるリモート監視サービスを2018年4月から開始した。

 一般的な太陽光発電設備のリモート監視システムは、異常発生時の通知をきっかけに主任技術者が現場に駆け付け、異常状態を確認してからメーカーへ連絡するという手順で行うため、メーカーが調査を実施するまでに時間と手間がかかるという。復旧までの期間は発電停止となり発電損失に直結するため、早期復旧が望まれる。

 同サービスは、PCSメーカーである日新電機がリモート監視を実施することにより、異常発生時の早期対応が可能となり、復旧までの期間の短縮・発電損失の最小化をサポート。同社から連系設備を納入した場合、PCSだけでなく発電設備全体のトータルリモート監視を提供する。

遠隔監視サービスのイメージ 出典:日新電機

 リモート遠隔監視サービスでは、太陽光発電設備の発電状況、PCSの運転・異常発生状況、計測・受電設備やサブ変電所などの機器の運転・異常発生状況データを、インターネット回線を介してクラウド上のデータサーバに転送・蓄積する。蓄積されたデータは、顧客のパソコンから常時閲覧することができ、遠隔での運転状況の見える化を実現する。異常発生時には、故障内容を記載したメールを自動で送信する仕組みも備える。

 さらに、日新電機が顧客にかわって発電設備を遠隔監視する見守りサービスをオプションで提供。異常発生時には同社側で交換部品の手配から現地出向までをサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.