ニュース
» 2018年06月07日 13時20分 公開

京都丹後に1.7万m2の別荘とテントの宿泊施設、7月開業

にしがき マリントピアリゾートは、京都丹後エリアの京都府宮津市日置に、貸し切り型別荘とテント型の宿泊施設を7月に開業することを2018年6月7日にリリースした。

[石原忍,BUILT]

 京都・宮津エリアを中心にリゾート事業を展開しているにしがき マリントピアリゾートは、京都の奥座敷といわれる京都丹後エリアに、敷地面積1万7744m2(平方メートル)の宿泊施設「Siena Hills(シエナヒルズ)」を2018年7月21日にオープンさせる。

敷地面積1.7万m2にヴィラ10棟とテント12張で構成

敷地全体のイメージパース 出典:にしがきマリントピアリゾート

 Siena Hillsは、別荘感覚でぜいたくなプライベート空間を堪能できる「マリントピア・ザ・スイート」と、京都丹後の大自然を快適なテントで過ごす「グランドーム京都天橋立」の2タイプの宿泊施設。

 マリントピア・ザ・スイートは、スイート3棟、スタンダード7棟の全10棟で構成。スイートは、デラックススイート(敷地面積1604m2)、スイート・ドッグ(同1339m2)、スイート(同1060m2)から成り、スタンダード・ドッグは敷地面積685m2。各棟の定員は6人で、最大10人まで宿泊が可能。

マリントピア・ザ・スイートのイメージ 出典:にしがきマリントピアリゾート
内観イメージ 出典:にしがきマリントピアリゾート

 全室にプライベートガーデンとプライベートプールが備えられ、別荘感覚で利用できるな完全プライベート空間が提供される。ヴィラ室内にはキッチンも設置され、宿泊だけではなく、パーティーや料理教室、企業研修など、多様な用途に合わせた利用に対応する。

 テントタイプのグランドーム京都天橋立は全12張。“玉ねぎテント”の愛称で親しまれている「ロータスベルテント」(面積18m2)が3張、近未来型のフォルムが特徴的な「ドームテント」(同40m2)が8張、サイズ違いのドームテントを結合させた「TRIPLE BASE」(同55m2)が1張。各テントとも定員は4人で、最大6人までが泊まれる。

グランドーム京都天橋立のイメージ 出典:にしがきマリントピアリゾート
ドームテント 出典:にしがきマリントピアリゾート

 テントごとに「北欧」「西海岸」「ブルックリン」などのテーマを設定したインテリアデザインが施されている。ドーム型テントは、テントの一部がスケルトン仕様のため、テント内に居ながら京都丹後の大自然を望むパノラマビューが堪能できる。

 他に敷地内には、延べ床面積2445m2の管理棟をはじめ、貸切風呂や教会といった付帯施設も整備される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.