メディア
ニュース
» 2018年06月11日 12時00分 公開

ナノ技術で約2倍の耐傷性を保有する非塩ビ化粧シートを開発、凸版印刷

ナノ材料をカプセル化した「Smart NANO」技術を搭載した新商品「101エコシート Smart NANO」の色柄サンプルを6月から出荷。今秋からの本格販売を目指す。

[宮城谷慶一郎,BUILT]

 凸版印刷は、ドアや扉などの建具用化粧材・101エコシートに、「Smart NANO(スマートナノ)」技術を搭載し、従来品より約2倍の耐傷性・耐擦過性を実現した新商品「101エコシート Smart NANO」を開発。マンションといった住宅内装用途に向け、2018年6月からデベロッパー、建築士、デザイナー向けに色柄のサンプル出荷をスタートする。

オレフィン系の建具用化粧シート、ラインアップは全18点

 Smart NANOは、東京理科大学の阿部正彦教授らのベンチャー企業・アクテイブと共同開発した新技術。超臨界逆相蒸発法により、ナノ材料をカプセル化し、化粧シートなどに機能性添加剤として組み込むことで、硬さや傷・汚れの防止など、表面性能を飛躍的に向上させた。

101エコシート Smart NANOの構成 提供:凸版印刷

 新開発の101エコシート Smart NANOは、燃焼時に有害物質が発生し難いオレフィン系(非塩ビ)樹脂による建具用化粧材・101エコシートに、Smart NANO技術を搭載。従来の強みである優れた加工性やデザイン性、高い耐汚染性を継承しながらも、約2倍となる高い耐傷性を実現した。

 凸版印刷は、1990年代に脱塩ビの流れが起きた時に、業界でもいち早く非塩ビの化粧シートを世に送り出している。現在では、OEM/ODM以外の自社で流通させている化粧シートは、非塩ビ系がメインとなっている。

 2017年度より販売している傷や汚れのつき難い床用化粧シート「101レプリア Smart NANO」と合わせて使用することで、Smart NANO技術で高い表面性能を有した床材と建具のインテリアコーディネートが可能となる。

 101エコシート Smart NANOのラインアップは、プリートオークやアイリスノーチェをはじめとする全18点。価格は101エコシリーズと同程度としている。販売は2018年秋頃からに開始する予定。

 101エコシート Smart NANOのラインアップは、木目調のプリートオークやアイリスノーチェをはじめとする全18点。価格は101エコシリーズと同程度を設定した。デベロッパー、建築士、デザイナー向けにカタログを順次配布し、販売は2018年秋頃から開始していく予定。

「101 エコシート Smart NANO」施工イメージ  提供:凸版印刷

 凸版印刷では、化粧シートの国内市場について、次のようにコメントする。「長期的には新設住宅着工の長期漸減化に伴い、マーケット規模の収縮が予測されるが、2020年に向けて非住宅の需要増を期待している」。

 引き続き、Smart NANO技術の開発を進め、住宅やホテル、店舗・公共施設などの内外装・エクステリアなど広い用途に展開し、シリーズ全体で2020年までに約500億円の売上を目指すという。

 なお、今回の101エコシートをはじめ、非塩ビの流れに対する今後の施策については、「1995年から住宅産業では、非塩ビ素材が需要の中核をなし、当社はいち早く非塩ビ製品を中心とした技術開発をスタート。今後も非塩ビ製品は、不燃性や外装活用などから高度化する市場ニーズに応え得るものであり、さらなる製品の高性能化・高機能化を進めていく」としながらも、「塩ビ製品も、特定の市場では底堅い需要があり、得意先の要望に応じた生産活動を継続する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

展示会/注目テーマ