メディア
ニュース
» 2018年07月11日 12時00分 公開

LEXUSショールームにLEDクロスゲートが登場

クラウドポイントは、東京・日比谷のLEXUSショールームにベガスビジョンを設置。同ビジョンによるクロスゲートを店内中央に掲出し、迫力あるグラフィックコンテンツを流すことで、店舗内の躍動感と賑わいを演出している。

[宮城谷慶一郎,BUILT]

 デジタルサイネージやスペースデザインを手掛けるクラウドポイントは2018年7月9日、トヨタ自動車のブランド体験型施設「LEXUS MEETS…(レクサス ミーツ)」の店内中央に、LEDビジョンによるクロスゲートデジタルサイネージを設置した。

 同施設は2018年3月29日、トヨタのプレミアムブランド「LEXUS」の新たなライフスタイル提案を体感する場として、東京ミッドタウン日比谷の1階にオープン。試乗体験ゾーン「TOUCH AND DRIVE」をはじめ、カジュアルな食事も楽しめるカフェ「THE SPINDLE」やブティック「STEER AND RING」で構成している。

 このレクサスミーツに今回設置されたLEDビジョンは、クラウドポイントのオリジナル製品「ベガスビジョン」。同製品搭載のクロスゲートを店内中央に配置することで、来店客を覆うようにサイネージ映像が流れる仕組み。左右側面や天井面からも迫力あるグラフィックコンテンツが放映され、店舗内の躍動感と賑わいを演出している。

「LEXUS MEETS…」に設置されたベガスビジョン 出典:クラウドポイント

 天井面への設置は、ベガスビジョンの特徴である軽量薄型ゆえの施工性の高さによって実現。今回使用したビジョンの薄さは42mm(ミリ)となっている。LEDのピッチは視認距離を考慮し、2.6mmの高精細タイプを採用している。軽量薄型仕様のピッチラインアップは1.9、2.6、3.1、3.9mmの4種類。

 ベガスビジョンは一般的な屋外・屋内仕様のほか、透過型やマグネット式など特殊なものも取りそろえる。同社は、これまでにLEDビジョンの納入数が450面を越え、デジタルサイネージ全般では駅や公共施設、学校からオフィスまで8000カ所・1万4000面以上の導入実績を持つ。これらで培ったノウハウを生かし、コンテンツ制作から設置工事、保守運用までワンストップで提供するとしている。

 なお、同社本社ビルにはショールームも用意。公開時間は平日10〜17時で、完全予約制になっている。個人での申し込みは不可。所在地は東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル8F。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.