ニュース
» 2018年10月12日 11時00分 公開

自然エネルギー:九州電力が再エネ100%プラン、法人向け電力メニューに

九州電力が水力・地熱などの再生可能エネルギー電源の環境価値を活用した電気料金プランを追加。特別高圧および高圧向けとして受け付けを開始している。

[スマートジャパン]

 九州電力は、法人顧客向けの電気料金プランに、再生可能エネルギー電源(水力、地熱)の電気が持つ環境価値を活用した新しいメニュー「再エネECOプラン」を追加した。2018年9月25日から受け付けを開始している。

 「再エネECOプラン」は電気のCO2排出係数はゼロであるため、需要家のCO2排出量の削減に寄与することになる。新メニューは特別高圧および高圧が対象で、使用する電気の全部または一部に対して適用する。料金については、同メニューを適用する電力量に対して、環境価値分を加算することになる。

 九州電力の2017年実績でみた電源構成のうち、水力発電は全体の4%、地熱発電は1%を占める。水力発電については、明治の頃から九州の発展を支えてきた大小さまざまな発電所135地点、出力合計128万kW(キロワット)を保有している。地熱発電については、長年にわたり開発を進めており、国内最大級の「八丁原発電所」(大分県玖珠郡九重町、11万kW)など合計7カ所、合計21万kWを保有する。これは国内の地熱発電設備の約4割に相当するという。

九州電力の電源構成 出典:九州電力

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.