検索
ニュース
太陽光:

東芝が住宅太陽光パネルに新製品、低価格シリーズを高出力化

東芝エネルギーシステムズは住宅用太陽光パネルの新製品を発表。低価格な「GXシリーズ」に255Wの現行モデルと同じ大きさながら、出力を280Wにアップしたモデルを用意した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

新製品の外観 出典:東芝

 東芝エネルギーシステムズは、住宅用太陽電池モジュールの新製品として、「GXシリーズ」280Wモデル2017年を11月20日から販売すると発表した。従来の製品群に加え、高効率で低価格帯のモジュールのラインアップを拡充することにより、顧客ニーズの多様化に対応し、製品競争力を強化する。

 新製品は、高効率単結晶セルの採用により、現行GXシリーズの255Wモデルと同じ1650×990×40mmの外形寸法で、最大モジュール変換効率17.1%を実現。4本バスバー電極により電極間の送電距離を短くすることで、電気抵抗による送電ロスを抑え、280Wの高出力を可能とした。さらに、ガラス表面の屈折率を下げ、反射損失を抑える技術である「AR(Anti-Reflective Coated)コート(反射低減シート)」により発電効率を高めている。製品保証期間(出力)は20年で、パワーコンディショナーなど構成機器の保証期間は10年間としている。希望小売価格は税別12万6800円。

 同社は、GXシリーズを低価格ながらも高い変換効率を実現するエコノミーモデルとして位置づけ、今後も導入拡大に向けて販売を強化する方針だ。

 東芝エネルギーシステムは東芝のエネルギーシステムソリューション社および原子力事業統括部を分社化し、東芝グループの注力分野であるエネルギーソリューション事業を担う会社として、2017年10月1日に発足した。火力事業から、再生可能エネルギー事業、水素エネルギー事業、電力流通などエネルギー関連事業を手掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る