ITmedia スマートフォンビュー

ITmediaスマートフォンビュー

検索

Loading

04/23

Android 4.4ベースのCyanogenMod 11S搭載の「OnePlus One」は5.5インチディスプレイ、3GバイトのRAM、1300万画素のカメラを搭載するハイエンド端末で、価格は16Gバイトが249ドルとNexus 5より50ドル安い。

【ITmedia】()

話題のトピック

2012年度のテレビ番組の関連輸出額は104.3億円で、アニメが6割を占めた。

()

日本神話から最新のラノベまで、“異世界ものファンタジー”240作品以上を紹介する年表をブックオフオンラインが公開した。

瀬下翔太()

スマホ&電子書籍

ドコモや協賛企業が提供するAPI/ハードウェアなどでアプリを開発する「Developer Application Contest 2nd」が開催。賞金50万円の最優秀賞をはじめ、学生賞や企業賞を新設する。

エースラッシュ()

ハクバ写真産業の「CHARAMODO(キャラモード)」で、TVアニメ「ピンポン」のiPhone 5s/5用カバー「TVアニメ ピンポン iPhone5S/5ケース」が発売。第1弾のデザインは「ペコ/スマイル/片瀬高校卓球部」の3種類。

エースラッシュ()

「MZ-80シリーズ」に付属のプログラム言語「BASIC」について解説した取扱説明書などが電子で復刻。アスキーコード表もばっちり読める2400×4096ピクセル(600dpi)の“高解像度版”だ。

西尾泰三()

ベートーヴェン師弟のエピソードをコメディタッチで描いた『ベートーヴェン4コマ劇場 - 運命と呼ばないで』が紙版と電子版で同日発売。サウンドトラックもリリースした。

()

ビジネスパーソン

ログインが必要なWebサイトで使うIDやパスワードをどのように管理していますか? 10〜60代の男女に聞いた。リサーチバンク調べ。

()

外食・小売業界で人手不足が深刻化し、各社が対策を急ピッチで進めている。パート・アルバイトの時給を上げる一方、正社員登用や組織変更などで引き留めに懸命だ。

()

前回、「プロスキル」には3つの問題があることを紹介しました。今回は、それらの問題点を解決できる「プチスキル」について考えます。

堀場英雄()

ユニクロより、ビジネスシーンにも使えるポロシャツの新ラインアップが登場。吸汗速乾性タイプ、汗ジミしにくい素材など、デザインやカラー別に総計約300種類の豊富なバリエーションで展開する。価格は1896円から。

()

企業向けIT

2010年4月の発売開始以来、米Appleのタブレットはバージョンごとに幾つもの進化を経て今日に至っている。初代「iPad」を棚にしまったユーザーたちに向けて、まだ使える利用シーンがこんなにあることをぜひ伝えたい。

Jen Edwards()

ClickZ.comに掲載された記事では、Explore(探索)、Evaluate(評価)、Purchase(購買)、Experience(経験)という4つのフェーズで、顧客が何を考え、どのようなニーズがあるかを分析している。

岩崎史絵()

PC&ガジェット

富士通が長年培ってきた技術とこだわりを結集したというコンバーチブルタイプの13.3型Ultrabook「FMV LIFEBOOK TH90/P」。その実力をじっくりと試してみた。

鈴木雅暢(撮影:矢野渉)()

仏カンヌで開催された国際的な番組トレードショー「miptv」では、4Kコンテンツ制作に関するいくつかの興味深い動きがあった。オーディオ・ビジュアル評論家・麻倉怜士氏の現地リポートをお届けしよう。

芹澤隆徳()

製造業エンジニア

「IEC 61131-3」と「PLCopen」について解説する本連載。最終回となる今回は2013年2月に改訂されたPLC用プログラミング言語国際規格「IEC 61131-3 第3版」の内容と、対応するJIS規格である「JIS B 3503」への取り込み状況について解説します。

吉田寛/オムロン()

日本オラクルは、「Javaを活用したInternet of Things(IoT:モノのインターネット)の取り組み」に関する記者説明会を開催。2014年4月30日(米国時間)に提供開始予定の「Java ME Embedded 8」の概要と、Java ME Embedded 8を活用したIoTへの取り組みを紹介した。

八木沢篤()

これからの日本を支える若い世代に、日本の最先端技術を知ってもらいたい――。高度技術社会推進協会(TEPIA)は、東京都港区に、最新技術を紹介する「先端技術館@tepia」をオープンした。「見て、触って、確かめられる」展示を実現している。

笹本理乃、村尾麻悠子()

TDKは2014年、クランプ型の交流電流センサー「CCTシリーズ」を発表した。家庭やオフィスなどに向けた電力見える化システム用の電流(電力)センサーとして展開する。

()

ITエンジニア

from @IT

仮想化統合の取り組みを進めていくと、従来とは異なる運用上の課題が次々に浮上してくる。これにどう対処できるのか。具体的に考える。

三木 泉()

データベースの修正を英語で指示したい。そんなときに役立つのが「SQL文」です。

Jeremy Doccola(ジェレミー・ドッコラ)、下岡聡子()

LINEは4月15日と17日の両日、世界初となる「LINE Developer Conference」を開催。LINEプラットフォームの全体像を明らかにした。本稿では、その中でもLINEプラットフォームを統べるChannel Gatewayとは何か、LINEビジネスコネクトの仕組みとは、インフラをどのように高速化しているのかなどについてお届けする。

益田昇()

「EMET」(Enhanced Mitigation Experience Toolkit)はマイクロソフトが無償提供しているセキュリティ緩和ツールです。英語版ですが、日本語環境でも問題なく動作します。ただし、EMETの推奨設定は日本での使用において一部のユーザーには穴があるかもしれません。

山市良()

電力

これから再生可能エネルギーをどのくらい拡大できるかによって、日本の電力事情は大きく変わってくる。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)がまとめた「再生可能エネルギー技術白書」を参考にしながら、太陽光から海洋エネルギーまでの未来を予測していく。

()

宮城県は太陽光発電の導入量を2020年度までに4倍の規模に拡大させる目標を掲げた。その第1弾の施策として県施設の屋根貸し事業を開始する。本庁舎や県立高校など12カ所の施設を対象に、合計2万2000平方メートルを20年間にわたって賃貸する予定だ。

石田雅也()

水力発電が盛んな岐阜県内で中部電力が小水力発電を拡大している。新たに高山市にあるダムの直下に290kWの発電設備を設置する計画だ。これまで発電所を併設していなかったダムで、河川を保護するために放流している「維持流量」を活用して発電する。

石田雅也()

2017年度にエネルギー自給率70%を目標に掲げる長野県だが、すでに2012年度末に66%を超えていた。節電による最大電力の抑制と再生可能エネルギーによる発電量の拡大が計画を上回って進んでいる。太陽光発電を中心に小水力・バイオマス・廃棄物発電の導入が広がる。

石田雅也()
ページトップに戻る