キーワードを探す
検索

ぜんそく

関連キーワード

最新記事一覧

仕事、家族、家、地域との関わり……移住にはさまざまな課題や心配事があります。エンジニアのU&Iターン事情をお届けする本連載、今回はこれまでのキャリアを捨てる覚悟で長野へ移住、転職、独立したITコンサルタントにインタビューしました。

()

「ジメジメとした梅雨時は布団にダニが繁殖する」など、ダニ対策についての記事や情報番組などを多く目にするこの時期。しかし、われわれはダニについて意外と知らない。今回は長年ダニを研究している環境アレルゲン info and care代表の白井秀治さんにお話を伺った。

()

赤字であっても鉄道が必要という自治体は多い。なぜなら道路だけでは緊急輸送に対応できないからだ。鉄道と道路で輸送路を二重化し、片方が不通になっても移動手段を確保したい。しかし全国の鉄道貨物輸送は短縮されたままになっている。

()

パナホームは、室内の空気に含まれる揮発性有機化合物(VOC)の濃度の基準を定めた国際認証「グリーンガード認証」を住宅としては世界で初めて取得した。シックハウス症候群の原因となる揮発性有機化合物300種類を対象に使用する数十種類の建材や接着剤を見直した。コストは「売り値には影響しない範囲」(パナホーム)としている。

()

35年間にわたって交流を続ける東京都の世田谷区と群馬県の川場村が電力でも連携を図る。川場村で2017年1月に稼働予定の木質バイオマス発電所の電力を世田谷区に供給する計画だ。世田谷区は再生可能エネルギーの利用率を2024年度に25%まで高める目標を掲げている。

()

順天堂大学医学部から、ResearchKitを活用した新たな臨床研究用アプリが登場した。ロコモティブシンドローム、パーキンソン病、ぜんそくの研究を目的としたアプリで、ロコモティブシンドロームのアプリは簡単な判定なども行ってくれる。

()

エフシージー総合研究所とダイソンが共同で行った調査により、断熱性や気密性に優れた現代の住宅は、アレルゲン生物の生態にも影響を与えていることが分かった。調査を主導したエフシージー総合研究所の川上裕司博士にその傾向と対策を聞いた。

()

米国の研究チームは、環境発電(エネルギーハーベスト)を利用するウェアラブル医療モニターの開発を進めている。体温や身体の動きを利用してフレキシブルセンサーを駆動し、生体信号をモニタリングすることを目指すという。

()

「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)は、空気清浄機が抱える課題や弱点をイノベーションで解決したという空気清浄機能付き扇風機だ。その機能とパフォーマンスについて、来日した担当エンジニアに詳しい話を聞いた。

()

花粉症に悩める、すべての人に贈る特集第4回。アレルギー専門医である「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」の永倉仁史院長に「舌下免疫療法」についてお伺いする最終回です。

()

医療研究期間はResearchKitで開発したiPhoneアプリを通して多数のユーザーから研究に必要なデータを収集できる。まずは米国のApp Storeで、ぜんそく、パーキンソン病、糖尿病、乳がん、心疾患の研究に協力できるアプリが公開された。

()

アクセサリーショップ「Smart Labo」で特に人気だという、栃木レザーを使ったJACAJACA社のケース「HUKURO」シリーズ。現在はiPhone 6/6 Plus向けに本格展開している。JACAJACAの吉川社長に、同製品のこだわりを聞いた。

()

インフルエンザにかかったら必ず薬を服用すると思っている人は少なくありませんが、世界的に見るとこのような認識があるのは日本ぐらいです。今回は、抗インフルエンザ薬における日本と世界のズレについて紹介します。

()

当事者意識がなかなか湧きにくい環境問題ですが、人類がこれまで何もできなかったわけではありません。実際、オゾンホールの問題は国際協調によってそれなりの効果を出しています。ただし、総じて環境問題というのは、「原因がはっきりしなくても対策しなければならない」「なのに数十年たっても効果はないかもしれない」という、極めて“板挟み”的な要素を含んでいるのです。

()

近年、室内でペットを飼育する例が増加しているが、それにつれて問題となっているのがアレルギーだ。飼い主だけでなく、ときには家族にアレルギー症状が出てしまうケースもある。今回、おじゃました國分さん宅もそんな悩みを抱えていた。

()

シャープは、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託した臨床研究において、小児アトピー型で軽症および中症のぜんそく患者の気道炎症レベルが低減する結果が得られたと発表した。

()

BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。

()

独自のエネルギー戦略を展開する東京都の世田谷区が、直線距離で55キロメートルの場所にある神奈川県の三浦市に太陽光発電所を稼働させた。9年前に閉校した「区立三浦健康学園」の跡地を活用したプロジェクトで、リース方式によって初期投資がかからない事業スキームを採用した。

()

民間企業の鉄道会社が「赤字路線をBRTに転換したい」と申し入れ、自治体が「鉄道を維持してほしい、カネは出せない」と受け入れない。そんな膠着状態を経て、近鉄内部線・八王子線の問題は、鉄道での存続が決まった。なぜ四日市市は鉄道に固執したのか。

()

さまざまな問題の原因となる姿勢のゆがみ。あなたは姿勢をゆがめる原因となる習慣を持っていませんか?姿勢治療家である仲野孝明氏の著書から5つの習慣を紹介します。

()

「赤い食べ物」は長寿のカギ? 書籍『「赤色」を食べると若返る!』より、その理由を紹介します。

()

関連キーワード

キーワードを探す
ページトップに戻る