キーワードを探す
検索

カリスマ

最新記事一覧

@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。

()

グラビアアイドルの“まいぷに。”こと塚本舞さんが、さまざまなことに体当たりで挑戦する企画「グラビアアイドル“まいぷに。”のマイチャレンジ」がスタート! チャレンジの様子は動画で!

()

個人からチームへ――課題解決のアプローチが変わる中、リーダーの役割も変わりつつある。支えるリーダーもいれば、細やかな配慮に長けたリーダーもいる。カリスマである必要はない――。こう話すのが明治大学教授の齋藤孝氏だ。

()

ガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、人々の生活のデジタル化が、ますます深く進行すると語る。インターネットやコンピュータは見えない存在になり、マシンやシステムが人々に代わって判断するようになっていくという。

()

赤ちゃんを育てるママの一番の悩みとも言える赤ちゃんの寝付き。そんな悩みの助けになってくれる書籍『カリスマ助産師トコちゃん先生の 赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本』を紹介します。

()

仁義なきマネー戦争が繰り広げられる金融市場。その金融市場を題材とした“萌え”系の同人誌が、なぜか個人投資家たちによって作られ、コミケで人気を集めている。彼らはなぜ投資をテーマとした創作活動を行うのか。その動機とモチベーションに迫る。

()

「鉛筆の持ち方の善し悪しは、子どもの成績を左右します」と断言するカリスマ家庭教師、西村則康さん。西村さんによる間違った鉛筆の持ち方を紹介します。

()

「IT コンシューマライゼーション」という言葉を生んだガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、テクノロジ、ビジネス、社会の進化する関係性について刺激的な発言を続けている。同氏はあらゆる産業が、普遍的なデジタル化の波に飲み込まれようとしていると語る。

()

リーダーに必要な能力を問うと「カリスマ性」という回答が寄せられる。その気持ちは分からないではないが、若きリーダーが「カリスマ性を身につけよう」と目指すとろくなことがない。

()

デビューから還暦を迎えた今に至るまで多くの熱狂的なファンを持つカリスマ、矢沢永吉。著者がそんな矢沢永吉の生き方・考え方から導き出した、ビジネス成功の秘訣を紹介します。

()

就職難が続く中、大企業の内定を複数とる学生が「カリスマ内定者」と呼ばれている。彼らの就活ノウハウなどを参考にしたい、と思っている就活生はどのくらいいるのだろうか。現在就職活動中の学生に聞いた。マクロミル調べ。

()

対戦型格闘ゲームの世界的なプレイヤーとして知られる梅原大吾氏。そのカリスマ性に注目したゲーム周辺機器メーカーのマッドキャッツが2010年にスポンサーとなった。マッドキャッツはプロゲーマーに何を期待しているのか、また梅原氏はプロゲーマーとしてどのような思いで活動しているのかを尋ねた。

()

新都社から火がついたONEさんの人気漫画「ワンパンマン」を、「アイシールド21」でおなじみの村田雄介さんがリメイク――。ネットと紙の人気作家がコラボレートした新「ワンパンマン」は、今最も熱いWeb漫画の1つといえるだろう。

()

「忙しくて、本を読む暇がない」というビジネスパーソンも多いのでは。そこで“行きつけの書店”を見つけるのはいかがだろうか。そこの書店員と仲良くなり、お勧めの本を紹介してもらう。そんな形で本と接するのも、悪くないはずだ。

()

ガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル2012(冬)」を振り返る。各メーカーの商品紹介や、ガレージキットメーカー「マックスファクトリー」やグッドスマイルカンパニーの「カリスマ原型師」による制作講座を配信する。出演者はマックスファクトリーのMAX渡辺代表、グッドスマイルカンパニーの安藝貴範社長ら。配信は2月12日22時0分〜。

()

モノ作りにおいて、顧客の声を聞いたり綿密なマーケティングを行うのは、必ずしも正しいとは限らないのではないか。むしろ一人のカリスマの感覚で作り上げた製品が大ヒットを生む場合もある。

()

8月24日に突如発表された、AppleのカリスマCEO、スティーブ・ジョブズ氏の引退。すでに闘病中の身でもあり、業界として同氏の引退はいずれ起こることと受け止められていたが、それでも影響は少なくないという見方も多い。Appleの未来はどうなるのか。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る