キーワードを探す
検索

iPhone

最新記事一覧

iPhone 8/8 Plus/Xでは新たにワイヤレス充電に対応した。チャージャーにスマホを置くだけで充電できるのがメリットだが、充電速度が遅いというデメリットも。有線充電に比べて、どれだけの速度で充電できるのだろうか?

()

UNiCASEは、11月下旬にiPhone X向け保護ケース「HYBRID SLIM CASE for iPhoneX」を発売する。ポリカーボネイトの背面パネルと丈夫なTPU素材を組み合わせたハイブリッドタイプで、端末の外観を損なわずに保護する。

()

ホームボタンのなくなったiPhone Xは、これまでから大きく操作方法が変わりました。「Apple Pay」もその1つです。認証方法もTouch IDからFace IDに変わりましたが、どちらが使いやすいのでしょうか。

()

iPhone発売から2週間たちました。アプリの最適化も進んだ……ように見えますが、意外と最適化が済んでいないアプリも少なくありません。いつ、最適化が済むのでしょうか……?

()

ビッグローブは、MVNOサービス「BIGLOBEモバイル」で「iPhone 6s」「iPhone SE」を販売開始。まずはau回線の「タイプA」で提供し、利用料金は音声通話付き6ギガバイトプラン/特典適用時で2800円(税別)から。

()

KODAWARIは、PACHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃ケース「LUMINA EX Case」の取り扱いを開始。シンプルかつクリアなデザインを採用し、落下時の衝撃から端末を強力に保護する。

()

筆者はiPhone Xを11月4日に入手し、iPhone 7 Plusから機種変更しました。iPhone Xを1週間ほど使った感想をまとめたいと思います。片手で操作しやすくなった反面、慣れないと感じるところも。

()

IHS Markitは「iPhone X」を分解し、BOM(Bills of Materials)を370.25米ドルと見積もった。最もコストが掛かっているのは、iPhoneで初めて採用した有機ELディスプレイを含むディスプレイモジュールの部分だ。

()

KODAWARIは、15mの落下からも保護するPACHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃ケース「AEGIS Case」の取り扱いを開始。アウターシェルにドイツ製ポリカーボネート、インナーケースに熱可塑性ポリウレタンを使用。落下の衝撃を抑えるため、コーナー部分の保護に「Poron XRD Extreme Impact Absorber」を埋め込んでいる。

()

BCNの調べによると、「iPhone X」の発売日の販売台数が、「iPhone 8/8 Plus」を上回ったことが分かった。iPhone Xを待っていたユーザーが多かったことが分かる。ただし発売から2日目以降はiPhone 8/8 Plusの方が売れている。

()

「iPhone X」は従来のiPhoneよりも修理代金の上限額が高い。落下による破損・故障リスクを軽減するには、保護ケースや画面保護フィルム・ガラスの利用が効果的だ。そこで、この記事ではSpigenから発売されているケースと保護ガラスを試す。

()

NTTレゾナントは、11月7日に「gooSimseller」で中古スマートフォンの取り扱いを開始。iPhoneやXperiaなどのハイエンド機種を中心にラインアップし、独自に設けた厳しい基準により安心して利用できる。中古端末の購入者を対象とした「古いの重いの大歓迎!でんわ何でも グラム買取キャンペーン」も行う。

()

KODAWARIは、PACHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃バンパーケース「LEVEL SILHOUETTE Case」の取り扱いを開始。端末デザインを邪魔しない最小限の設計で、ポリカーボネートと熱可塑性ポリウレタン、PORON XRDを使用した三層構造で保護する。

()

iPhone Xでは、操作の大幅な変更に加えて「Pokemon GO Plus」の接続不具合もあり、移行をためらっている人も多いのではないだろうか。実際にどうなのか、iPhone 6から機種変更してみた。

()

Appleは11月3日、iPhone Xの販売を開始しました。アップルストア表参道では、朝8時のオープンを前に550人の行列ができました。

()

Appleの7〜9月期決算は、アナリスト予測を大きく上回る2桁台の増収増益。売上高は過去最高だった。すべての製品・サービスの売上高が増加した。iPhoneのモデル別内訳は公表されないが、クックCEOは「iPhone 8/8 Plusは最も人気のモデル」と語った。

()

「iPhone」発売10周年を記念する最新機種「iPhone X」がついに発売された。iFixitが分解を完了しているので、メイン基板とサブ基板に搭載された部品を見てみたい。【訂正あり】

()

KODAWARIは、PACHWORKS製のiPhone X用ガラスフィルム「ITG Glass Film」2種を発売。表面硬度9Hの「ITG Pro Plus for iPhone X」、覗き見を防止する「ITG Privacy for iPhone X」を提供し、Amazonストアでは30%オフセールも開催する。

()

携帯市場は「iPhone 8」「iPhone 7 Plus」「iPhone 7」の3機種を通常買取価格より1万円アップするキャンペーンを実施。同社が運営する中古携帯の買取サイト「携帯電話買取.com」、「スマートフォン買取.jp」、中古携帯販売店「携帯市場」の3店舗で行う。

()

日本通信は、11月2日にソフトバンクのSIMロックiPhoneで使える「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」を提供開始。利用料金は音声通話とデータ通信1GBまで月額990円(税別)で、5分以内の国内音声通話がかけ放題になる「5分通話かけ放題オプション」も利用できる。

()

iPhone Xは端末代だけでなく、修理代金もお高い。AppleCare+未加入だと、画面の修理代は3万1800円、その他の修理代は6万800円。AppleCare+も、他のモデルより高い2万2800円だ。

()

NTTドコモの「Xperia XZ Premium SO-04J」に新色が登場しました。同社では、2017年冬モデルとして「Xperia XZ1 SO-01K」と「Xperia XZ1 Compact SO-02K」も新たに投入されます。ドコモのXperiaファンには悩ましい日々が続くかもしれません。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る