ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年12月12日 08時04分 UPDATE

Vistaの経済効果は700億ドル――IDC調べ

新OS、Windows Vista発売によって、米IT市場では10万人以上の新規雇用が生まれ、700億ドルを超える収益がもたらされるという。

[ITmedia]

 11月30日に企業向けに正式リリースされ、一般向けリリースも来年1月30日に予定されるWindows Vistaの出荷開始初年度の経済効果について、米調査会社IDCは12月10日、調査結果を発表した。Microsoftの委託によるこの報告によると、Vista出荷開始が米IT業界にもたらす収益は700億ドル以上、創出される新規雇用は10万人を超える見通しという。

 IDCによると、Vista関連商品やサービスを製造、販売する米企業は大小合わせ20万社を超える。Microsoftのパートナー各社が、現在から2007年末にかけてVista関連製品とサービスに投じる額は約100億ドルに上る見通し。また2007年にMicrosoftが得るVista関連の収益1ドルにつき、IT業界には18ドル以上の収益が生み出されるとIDCは予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.