ニュース
» 2012年02月13日 19時20分 公開

バス路線特化のNAVITIME、Androidアプリとして登場

ナビタイムジャパンは2月13日、バス路線のナビゲートに特化したAndroidアプリ「バスNAVITIME」をリリースした。全国ほぼ全ての地域をカバーしており、対応路線であれば深夜バス、長距離バスを含めて運行情報を調べられる。

[Business Media 誠]

 ナビタイムジャパンは2月13日、バス路線のナビゲートに特化したAndroidアプリ「バスNAVITIME」の提供を開始した。Androidマーケットで無料公開している。

 バスNAVITIMEは、乗り場案内やバス停間のルート検索機能ができるアプリ。カバー範囲は、一部の路線を除き全国(各路線名はリンクを参照)。深夜バスや長距離バスも対象となる。バスNAVITIMEを使うことで、各バス停で掲載している「時刻表」「停車するバス停一覧」を確認できるほか、都営バスであれば、あと何分でバスが来るかの「接近情報」を調べられる。

 なお、電車の乗り換え案内アプリ「NAVITIME」でも一部バス路線を検索できる。今回のバスNAVITIMEであれば、出発地から目的地の間に通過するバス停名やお薦めのバス経路など、より詳細な情報を確認できるのが特徴だ。

 210円のプレミアム版も用意しており、こちらは出発地と目的地だけでなく、ランドマークや住所を指定して付近のバスルート検索できるなどの機能を搭載している。

出発、到着のバス停、日時を指定してルートと所要時間を検索

 なおナビタイムジャパンでは今後、iPhone/iPad向けについてもリリースを予定しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ