速報
» 2005年02月17日 09時17分 公開

2009年までに850万人がWiMAXを利用――In-Stat/MDR予想

In-Statの予想では、2009年までに850万人がWiMAXを利用するようになり、通信業界に大きな影響を与える可能性があるという。

[ITmedia]

 無線ブロードバンド技術のWiMAXは、DSLおよびCATVを使った接続サービスと競合する存在となり、通信業界に大きな影響を与える可能性があると、調査会社In-Stat/MDRが2月16日発表した報告書で指摘した。

 In-Statの予想では、2009年までに世界のブロードバンド加入者の約3%に当たる850万人がWiMAXベースの無線接続サービスを利用。うち450万人はVoice over WiMAX(VoWiMAX)サービスも併用すると予測している。

 ただ、WiMAXの市場での成功は確実とは言いがたいと、同社アナリストのキース・ニッセン氏は解説。「コンシューマーブロードバンド市場は、ブロードバンド無線接続サービスプロバイダーを無制限に支えられるわけではない。ブロードバンド競争の激化、価格圧縮、加入者獲得コストが原因で、利益幅はかつてなく低下する恐れがある」と予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -