ニュース
» 2005年03月14日 15時30分 公開

KDDI、位置情報サービスGPS MAPに新料金プラン追加

KDDIは法人向けの位置情報サービス「GPS MAP」に新料金プランを追加する。PCから携帯を呼び出す頻度が低いユーザー向けだとする。

[ITmedia]

 KDDIは3月14日、法人向け位置情報提供サービス「GPS MAP」に新料金プランを追加した。4月1日から提供を開始する。

 GPS MAPでは、GPS機能を内蔵したau携帯電話を利用し、ユーザーの位置情報を測定、管理者のPCに位置情報を送信する。携帯側から位置情報を管理者に送信する「手動送信」「自動送信」のほか、PCからGPS携帯ユーザーの位置を検索できる「センタープッシュ機能」を持つ。

 従来の料金プランでは、1端末あたり500回までのセンタープッシュ利用料が、月額2100円のケータイ利用料に含まれていた。新料金プランでは、ケータイ基本料が月額525円に値下げされ、センタープッシュ1回につき、10.5円の利用料が加算される。また、500回を超えると発生していたセンタープッシュ超過料(1回2.1円)もかからない。「センタープッシュ機能はあまり使わないという企業の声に応え、ケータイ利用料を引き下げたもの」(KDDI広報部)

 GPS MAPには、汎用ASPサービスとして提供している「GPS MAPタイプ1」と、社内サーバと連携、カスタマイズして利用できるシステムとして提供している「GPS MAPタイプ2」とがある。今回のプランはそれぞれに適用される。

新料金プラン GPS MAPタイプ1ライトプラン GPS MAPタイプ2ライトプラン
登録料 1050円/契約 10万5000円/契約
基本料金(月額) 1050円/契約 1050円/契約
PC追加ID利用料(月額) 1050円/ID 1050円/ID
ケータイ利用料(月額) 525円/台 525円/台
センタープッシュ利用料 10.5円/回 10.5円/回
センタープッシュ超過料 - -

 なおKDDIによると、現在GSP MAPを導入している企業は約400社。稼働しているGPS携帯は約6800台(2005年2月末調べ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -