ニュース
» 2005年03月16日 17時28分 公開

Sybase、企業向けモバイルソフトで提携

携帯デバイスから企業の電子メールやビジネス情報へのアクセスを提供するソフトに関し、SybaseがCingularやRIMと契約を結んだ。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Sybaseは今週、CTIA Wireless 2005で、自社のモバイルソフトがCingular WirelessのGSM/GPRS/EDGEネットワークに対応したとの認定を受けたことを明らかにした。

 Sybaseの子会社iAnywhereが提供するCingular対応モバイル製品は、「M-Business Anywhere」「Mobile Pharma」「Mobile Sales」「Pylon Anywhere」「Unwired Accelerator」。

 これらのソフトは、大企業およびSMB(中小企業)顧客が、既存の企業向けアプリケーションと情報システムをモバイルワーカー向けに構築、配備できるようにするためのもの。

 M-Business Anywhereは、コーディングのやり直しの手間を最小限に抑えて、携帯デバイスにWebベースのコンテンツとアプリケーションを配信するためのプラットフォームを提供する。Mobile Pharmaは、製薬会社の営業担当者向けに設計されたカスタマイズ可能なモバイルパッケージソフト。

 Mobile Salesでは、営業担当者が自分の携帯デバイスでビジネス情報にアクセスできる。Pylon Anywhereは、電子メール、予定表、住所録、メモ、タスクなど、Lotus NotesおよびMicrosoft Exchangeの情報にPDAやスマートフォンからアクセスできるようにする。

 Unwired Acceleratorは、Web対応のエンタープライズアプリケーション、データベースなどのデータソースを各種の携帯デバイス向けにモバイル化する。

 Cingularは、米国最大の加入者を誇るワイヤレスデジタル音声・データネットワークを運営している。同社のネットワークはFortune 100社中95社、Fortune 500社の80%、1200を超える連邦政府、州政府、地方自治体の機関にサービスを提供している。

 Sybaseはまた、iAnywhereのサポートをResearch In Motion(RIM)のBlackBerryワイヤレスプラットフォームに拡大する計画を発表した。既に電子メール用にBlackBerryを利用している企業は、SFA(Sales Force Automation)やフィールドサービスなどほかの業務用アプリケーションにアクセスできるようになる。

 また、Sybaseのソフトを使ってBlackBerryのデバイスとアプリケーションを安全に管理できるようになると同社は説明している。

 法廷記録サービスを提供するVeritextは既に、SybaseのiAnywhereを使って、企業や法律事務所がBlackBerry経由でWebや電子メールにアクセスできるサービスを提供している。

 最後に、Sybaseは物流・流通企業のCellStarと戦略的提携を結んだことを明らかにした。この契約の下、CellStarはSybaseの「mFolio Content Services Solution」を既存のワイヤレス製品・サービスに取り込む。これによりCellStarは、各種のスマートフォンを介してmFolioを携帯キャリアに提供できる。

 この新製品「CellStar mFolio Powered by Sybase」はスタンドアロン型のモバイルソフトで、デバイスに最適化されたインターネットコンテンツを携帯加入者に配信できるようにする。CellStarはmFolioをキャリア向けの機器に統合し、北米市場の地域電話会社やMVNO(仮想移動体サービス事業者)に販売する権利を持つ。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -